FC2ブログ

    「範子と文子の驚異の高校生活(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)」
    範子と文子の三十分一本勝負(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)

    範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・85

     ←範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・84 →範子と文子の三十分一本勝負:中断のおわび
    「なにかがいるわけよ」
     紅恵高校、2‐A教室。夏期講習の本日の分も終わり、しばしの休息をとる範子と文子であった。
    「なにかがね、文子」
     範子は自販機で買ってきたヨーグルトドリンクをストローで飲みながくりかえした。
    「なにかって、なにが?」
     文子もまた、自販機で買ってきたヨーグルトドリンクをすすっていた。こちらには、「いちご」と書いてある。
    「わからないけれど、なにかよ」
     飲み終えたパックをていねいに潰した範子は、文子のそれも受け取ると、同じくていねいに潰してゴミ箱へ向かった。
     放り入れる。
     無事ゴミ箱に入ったことを確認し、手をパンパンと鳴らした。
    「これでよし」
    「でさ」
     律儀にゴミ箱までついてきた文子が、不思議そうに尋ねた。
    「その、なにかっていうのは、なにをするの? なにか、悪いことをするの?」
    「いいえ」
     範子は首を振った。
    「悪いことはなにもしないわ。ただ、笑うだけ」
    「笑う?」
    「そうよ」
     ふたりは自分の席へ戻ってきた。
    「わたしが悲しかったり、落ち込んだりしているときに、その、なにかは現れるの。現れるというより、わたしの心の中に出てくる、といったほうがいいかなあ」
    「ふうん」
     文子はうなずいた。
    「それで、笑うの?」
    「そう。笑うの。とても楽しそうに笑うの。その笑い声を聞いていると、わたしもだんだん楽しく、おかしくなってきて、元気になるの」
    「へえ」
    「名前も付けてないし、だいいちわたしの心の中に出てくるものだから、ぜんぶわたしの想像かもしれないし」
    「想像だとしたら、どうする?」
    「どうしもしないわ。心の反応の一形態だろうと思って、納得はするだろうけどね」
    「じゃ、もしも、そういう存在が、ほんとに実体を持って存在していたら?」
    「嬉しいわね。ほんとに、心の底から嬉しい。抱きしめてキスとかしちゃいそう」
    「そうなんだ」
     さらにうなずきながら、文子は、範子をうらやましく思った。
    「そういう存在がいるからなんだ、範ちゃんがいつも前向きなのは」
    「前向きかどうかは別だけどね。今は、わたしは、ソクラテスがそばで飼っていた、精霊の一種だと思っているわ。ソクラテスは、自分が、なにかしてはいけないことをしようとすると、耳元で、『ダメ!』とささやいてくれる精霊がついていたっていうし、その一種だとか親戚だったらいいな、って」
    「その笑い声は、いつまで続くの、範ちゃん?」
    「わたしが立ち直り、一緒に笑うまでね」
    「ほんとに、範ちゃんを励ますためにいるんだね! いいな! わたしにもそういう精霊さん、ついてくれないかなあ」
    「こればかりは無理よ。ほんとに、わたしの想像かもしれないしね」
     そのまま、ふたりはしばらく黙っていた。
     やがて、文子が口を開いた。
    「ところで、きのうテレビでやっていた、お笑いコンビ、見た?」
    「あっ、それは知らない。どんなの?」
    「面白いよ。二人でやるコントで、ひとりが……」
     そこまでいって、文子は、はっと黙った。
    「どうしたの?」
    「ううん。なんでもないよ。ただ、面白いから、見たほうがいいよ」
    「コンビ名がわからなくちゃ探しようがないわよ」
     文子は何食わぬ顔でコンビ名をしゃべったが、同時に範子についている精霊についても考えざるを得なかった。
    『あのお笑いコンビ、ひとりが不幸になっていくのに、もう一方がツッコミまくるのが売りなのよね』
     とすると……。
     その「なにか」は、単純に範子の不幸が面白いから笑っていただけではなかったのか?
     範子が笑い出すのと同時に笑うのが止まることといい……。
     他人の不幸は蜜の味、というやつだろうか?
     この想像を、範子に告げるかどうしようか、本気で迷ってしまう文子であった。
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・84】へ  【範子と文子の三十分一本勝負:中断のおわび】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・84】へ
    • 【範子と文子の三十分一本勝負:中断のおわび】へ