FC2ブログ

    「範子と文子の驚異の高校生活(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)」
    範子と文子の三十分一本勝負(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)

    範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・95

     ←範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・94 →範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・96
    「来たわね」
    「ついに来たんだね」
     ふたりは顔を見合わせてうなずきあった。
    「ついに最後の問題集の最後の章!」
    「長かったわね、文子」
    「そうだね、範ちゃん」
     すでに二人の心は違う世界に飛んでいた。
     ……終わったら、なにして遊ぶか?
     二人の思いはそれだけだった。
    「今日は、川のほうで花火がやるんだよね、範ちゃん」
    「ええ、うちでも見られるわ」
    「範ちゃんちもいいけどさ、ああいうのって、大勢で、夜店とか冷やかしながら見るのがいいんだよ。わたしはそう思うよ」
    「そういわれればそうよね。ねえ文子、夜店で、なにが好き?」
    「そうだね、範ちゃん……」
     文子はしばし考え込んだ。
    「最近では、串焼きなんかが好き!」
    「串焼き?」
     イメージがわかない、とでもいいたげな範子に、文子は丁寧に解説した。
    「去年から、うちの花火大会に来るようになったんだよ。屋台でさ。こうしてね、長ーい串に、玉ねぎとか肉とかをいっぱい刺して、バーベキューみたいに濃厚なたれを塗って焼き上げるんだよ。ちょっと高いけど、とてもおいしいよ」
    「さすが、こってりラーメン系が大好きな文子のことはあるわね」
     範子は苦笑した。
    「えー、こってりラーメンおいしいじゃん」
     文子は口を尖らせた。
    「じゃ、範ちゃんは?」
    「え……わたし?」
     ふっと範子は考え込む表情になった。
    「そういえば、物心ついてから、夜店なんて行った経験はないわね……。お祭りよりも、別なことで忙しかったから。パーティーとか」
    「パーティーかあ。……ってことは、今夜も?」
    「今夜は大丈夫よ。なにも予定はないし。ゆっくりと文子と花火を見にいけるわ」
    「それなら、行っておきたい夜店を考えておいて損はないと思うよ。範ちゃん、どこがいい?」
    「そうね……わたしは……わたしは……」
     範子の記憶のかなたから、なにかが甦ってきた。
    「……わたあめ!」
    「わたあめ?」
     範子はうなずいた。
    「そう。昔、ここじゃないけどどこかのお祭りに連れて行かれて、迷子になったことがあって。泣いていたら、親切なおばさんに、どうやら迷子案内所だったらしいけど、そこへ連れて行かれたときにもらったのが、わたあめでね」
    「へえ……」
    「もう、涙と汗とわたあめの飴で、顔中をべたべたにしていたそうよ。……ふふふ、小学生になってから読んだ、松谷みよ子先生の『ちいさいモモちゃん』みたいね」
    「ふうん、そういう想い出があるんだ。じゃあ、行こうよ。わたあめ屋さん訪問決定、っと」
    「ほかにどんなものがあるの?」
    「お好み焼きとか、たこ焼きとか、大判焼きとか……水あめやチョコバナナもはずせないね。最近はケバブ屋さんも来るよ」
    「そういえば、ケバブっていえばね、もう傑作な話があって……」
     二人は笑い合いながらいつまでも話を続けた。
     あの……今の君たちにはどうでもいいことかもしれないが……。
     早く問題集を終わらせろっ。
    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・94】へ  【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・96】へ

    ~ Comment ~

    Re: ネミエルさん

    その悔しかった気持ちはよくわかります(^^)

    わたしも地面に落っことしてしまって食べられなくなったアイスとかいっぱい思い出はあるからなあ。

    やっぱり食い物の恨み、深い(笑)

    NoTitle

    チョコバナナ小さい頃走って落としました。

    こけて。

    おお泣きだったそうです、僕

    今16だから大体13年前のことです

    Re: 佐槻勇斗さん

    ブルーハワイいいですね。昔、デパートの家族向け喫茶店で、普通のかき氷に比べて200円くらい高くて食べられなかったことを思い出しました(^^) フルーツとかいっぱいくっついていたせいもありましたが。
    そういやあ親に「あれにはお酒が入っている」などとダマされた覚えも(^^;) 食い物の恨みは深い(笑)

    でも、ブルーハワイのシロップを買ってきて家でかき氷をやる気にはちょっと。そこらへんがイチゴとかメロンとかに比べて特殊だなあ。

    ブルーハワイを食べるなら、やっぱり外ですよね!

    Re: れもんさん

    りんごあめは家で作ってもおいしいですよね。
    昔、小学校の課外学習で作りました(^^)

    せっかちなわたしは夜店で歩きながらリンゴ飴を食べるとちょっとイライラします。バリバリ噛み砕きたくなるんですよね(笑)

    九月は目の前なのにまだ予定のファンタジーが一行も書けない罠。二人を笑えん(^^;)

    NoTitle

    かき氷でしょう!!
    それも、ブルーハワイ、ねッヾ(∀`)
    舌を青くして食べるのが大好きです!!
    女子ならいちごだろっとよく突っ込まれますが、ブルーハワイですよやっぱり。

    NoTitle

    りんごあめ!!
    りんごあめがいいです(`・ω´・)大好きです

    終わる直前で、終わった後何をするか考える…よくやりますね←
    そして終わらない;
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・94】へ
    • 【範子と文子の三十分一本勝負:FIGHT・96】へ