FC2ブログ

    「紅蓮の街(長編ファンタジー・完結)」
    第一部 沈黙の秋

    紅蓮の街 第一部 5-3

     ←明日は →紅蓮の街 第一部 5-4
     船はゆっくりと速度を落としつつあった。

     灯火が船上をのんびりと移動する……。

    「行くぞ」

     ガスは命じた。

     仲間は答えなかった。ただ、うなずいたのみである。

     めいめいが、船に鉤つきのロープを投げた。

     同時に、船の両側から音もなく舷側を登り始める。

     イルミールの手のものたちの中でも、さすがの手練の男たちだった。

     船上にいたガレーリョス家の見張りは、ここに至ってようやく気がついた。

    「……………………!」

     叫ぶことはできなかった。

     最初に登りついたガスが、一撃のもとに戦鎚で殴り殺したからである。

     血と脳漿が、甲板を濡らした。

     次の瞬間には、残り九人の男たちがそれぞれに船へと乗り込んできた。

     商業貴族の手兵の一員として、この手の船がどういう構造になっているのか、ガスは細かいところまで知悉していた。

     ひとことも声が漏れないように、指でサインを作り、ガスたちは二手に分かれた。七人は、船から飛び出して逃げようとするものが現れたときの警戒が任務であり、もうひとつの、三人の、ガスがその腕を見込んだ人間たちだけで組織されたグループは、船中を走り回って、目の前にあるもの全てを殺す役目だった。

     この船に乗っている人間の数を、ガスは、水夫や兵士含めて三十人と踏んでいた。通常だったら、ナミのようなかなりの達人でもない限り、十人で襲うには無謀な数だ。

     だが、ガスは「奇襲」に全てを賭けるつもりだった。

     作戦は単純なものだった。

     船中の戦士たちがかたまっているところを急襲して皆殺しにし、それによって恐慌状態に陥って混乱した他の水夫たちを周囲を取り巻く七人が一人ずつ殺していくのである。

     この船が、船団を組んでいない孤船であることも幸いしていた。同じ商業貴族とはいえ、イルミール家ほどの経済力を持っていないガレーリョス家は、船団を組んで船を動かすことは非常に稀だったのである。

     ガスたちは出くわす相手を、片端から戦鎚で、悲鳴を上げる間もないうちに殺していった。

     刀ではなく、切り詰めてあるとはいえ重い戦鎚を使っていたのは、相手が防具を着ているときに備えてだった。

     鎧や兜は刀の切っ先を逸らせてしまい有効な攻撃ができなくなるおそれがあるが、棍棒やそれに類するものの打撃は振動、そして衝撃となって内部に直接ダメージを与えるのである。

     細部まで互いのことをよく知っている三人が組んでの攻撃は、まさに戦闘機械だった。



    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    【明日は】へ  【紅蓮の街 第一部 5-4】へ

    ~ Comment ~

    Re: ネミエルさん

    作者が白といえば黒も白、舷側も側舷なのです。

    これから直せばよろしいであります。

    だいいちわたしも読んでて気づかんかったし(^^)

    NoTitle

    あっ・・・
    そういえば・・・

    側舷じゃなくて舷側だった・・・

    うわ・・・やばい・・・

    今までずっと側舷って思っていました・・・

    うわ・・・今から小説とか全部直さないと・・・

    うわ・・・うわ・・・うわ・・・

    Re: limeさん

    積荷の正体は、ガレーリョス家を街の支配者の地位に押し上げ、イルミール派を壊滅に追い込みかねないような代物ですが、その正体を知ったら、読者が暴動を起こすかもしれん(笑)。

    カンのいい人はもう気づいているんではないかと戦々恐々ですが、気づいてもいわないでね(^^)

    ガス君は主役になれません。

    なぜなら男を書いていてもつまらんからだ!(笑)

    ……ウソです(^^;)

    NoTitle

    うん、手際がいい。
    やり手ですね、ガス。
    ナミを押しのけて主役になる日も近い。
    もう少しだ!(いや、お宝までね)
    ・・・でもまだ積み荷(?)の正体が分からない。
    きっと次回ですね!!(キラン)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【明日は】へ
    • 【紅蓮の街 第一部 5-4】へ