FC2ブログ

    「紅蓮の街(長編ファンタジー・完結)」
    第一部 沈黙の秋

    紅蓮の街 第一部 11-2

     ←紅蓮の街 第一部 11-1 →紅蓮の街 第一部 11-3
    「『老鷲』の兄貴」

     ツァイの隣で、ゴグは不満そうにつぶやいた。『戦牛』と呼ばれているこの男は、いざ乱戦になれば、素手でも二十人を相手にして引けを取らないといわれていた。巌のような身体の男だった。その筋肉は、普段はふにゃりと柔らかいが、いざ力を込めると、鋼のごとく硬くなるのだった。

     ゴグがこれまで生き残ってこれたのは、筋肉は柔らかいことに意味があるのであり、鋼のように硬い筋肉など、死んだ筋肉も同然だということを、その師匠から骨の髄まで叩き込まれていたことが大きかった。

     イルミールの手のもので例えると、『刻み岩』のような地位についていたが、『刻み岩』のような見かけ倒しの身体はしておらず、大柄ではあったが、その肉体は均整が取れていた。これで顔さえ、『戦牛』などと綽名されるほどまずくなければ、というのがゴグの口癖であり、嘆きだったが、にもかかわらずというか、だからというか、なぜだかゴグは女たちには人気があった。

     皮肉屋でめかし屋のトイスは、「それだけガレーリョス家に人がいないということさ」とつねづねいっていたが、単にゴグという男が、なんにつけ人に対して偽りの態度を取るということを知らない、というか、本能的にできない男だからだろう、とツァイは見ていた。

    「兄貴」

     ゴグは繰り返した。

    「なんだ、『戦牛』」

     ツァイは戦場を駆け抜けてきたものだけが持つ厳しい声で答えた。それはツァイの好意の表れだった。ツァイがガレーリョス家に雇われてしばらくしたころ現れたゴグは、どうやら雇い主のヴェルク三世以上にツァイのほうに心服してしまったらしく、以来、ツァイのことを『兄貴、兄貴』と呼んではついてまわるようになったのだった。ツァイがそれに対してとがめると、次の日から『老師、老師』と呼んでついてまわるようになった。さすがに老師はないので、ツァイは『兄貴』呼ばわりを受け入れたが、その裏には、絶対、あの『いかさま賽』のトイスの入れ知恵が加わっているとツァイは信じていた。

    「どうして、オルロスの殿様は、おいらを使者なんかにしたんだい? 兄貴が行くのはわかるぜ。なにせ、ガレーリョス家きっての誠実な人間といわれているからなあ。だけど、おいらは交渉役なんてもとから向いてるがらじゃないよ。同じことをやるのなら、トイスの兄貴のほうが向いているんじゃないかって思うんだけどなあ」

    「そのことか」

     ツァイは厳しい顔を変えずに答えた。

    「『戦牛』。お前は、根っからの正直者で、しかも不正なことが行なわれていると猛烈に怒る男だ。オルロス伯爵閣下はお前のそんなところを見込んだのだ」



    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【紅蓮の街 第一部 11-1】へ  【紅蓮の街 第一部 11-3】へ

    ~ Comment ~

    Re: fateさん

    それはこれから先の波乱万丈疾風怒濤の500枚を読んでいただければ。

    渾身の力で書きました。損はさせません(^^)

    おお!

    このお二人は、なんだか、とても好きかも。
    清々しいですな。

    正直者がバカをみる…これを、どんな風に結末づけるんだろう…とご期待申し上げます。



    Re: ネミエルさん

    え……といわれても、なんとお答えしたらいいか窮するのですが……。

    名前が……逸材?

    すみませんどうお答えしたらいいかよくわかりません(汗)

    名前が毎度毎度逸材なのですが。

    何か共通点ありますか?

    Re: limeさん

    人材の募集に力を入れるかどうか、要するに金を使うかどうか、に全てはかかってくるんですよね。

    世の中そんなもの、というか……。

    サシェル男爵のほうがそういったことに無頓着だというか。

    NoTitle

    ガレーリョス家にはなぜ優秀な兵が集まるんでしょうね。
    トップがあんなマッドマザコンなのに。
    ツァイとゴグ、気になりますね。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【紅蓮の街 第一部 11-1】へ
    • 【紅蓮の街 第一部 11-3】へ