FC2ブログ

    「紅蓮の街(長編ファンタジー・完結)」
    第一部 沈黙の秋

    紅蓮の街 第一部 13-1

     ←紅蓮の街 第一部 12-4 →紅蓮の街 第一部 13-2
    13



    「その条件を呑んできたというのか、『老鷲』?」

     ヴェルク・ガレーリョス三世はヒステリックな声で叫んだ。

    「御意」

     ゴグとともにひざまずいたツァイは頭を上げずに答えた。

    「齢を重ねて耄碌したのではないのか、『老鷲』のツァイ」

     ヴェルク三世は面白がるようにその言葉を二、三度繰り返した。耄碌したのではないのか、耄碌したのではないのか。

     そばに控えていた家令のバルは気が気ではなかった。

     『老鷲』のガスは、ヴェルク・ガレーリョス三世が見出し、手勢に加えた中ではもっとも名の通った男であった。いわば、新参者たちの象徴的存在である。

     もしも、ヴェルク三世が一時の激情に駆られてこの『老鷲』を誅してしまったりしたら……。

     その場合、ガレーリョス家中に動揺が走ることは疑い得ない。

     それは同時に、ヴェルク三世の人を見る目をも疑わせることになる。

     バルとしては自分の主が短慮を起こさないことを祈るばかりだった。

     バルの祈りは天に届いたらしい。というよりも、ヴェルク三世は、この『老鷲』と名を取る男が、ただで交渉の場から戻ってきたとは初めから考えていなかったといったほうが正確だった。

    「申してみよ、ツァイ」

    「はっ」

     ツァイはひざまずいたまま話し始めた。

    「伯爵閣下。それがしはイルミール家の、あの恥知らずの『彫刻屋』のガスを挑発しました。トイスと閣下の策である、ゴグとそれがしが組んでの揺さぶりでは、揺さぶりきれぬと考えたからです」

    「ほう。ツァイ、面を上げよ。どうやら、お前はわたしを喜ばせてくれる話を聞かせてくれそうだからな」

    「お言葉かたじけなく」

     ツァイは顔を上げた。

    「それがしはあの『彫刻屋』を揺さぶりに揺さぶりました。閣下からお聞きした、やつがこのガレーリョス家を裏切ったときのことを話せば必ずややつは動揺すると踏んだからです」

    「うむ」

     ヴェルク三世は重々しくうなずいた。

    「その効果はてきめんでした。やつは、漏らすべきでないことを漏らしてしまった。それはそうと、閣下」

     ツァイは声を落とした。

    「荷の中にウンジョウソウがあったのはまことのことですか?」



    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    もくじ  3kaku_s_L.png 読書日記
    【紅蓮の街 第一部 12-4】へ  【紅蓮の街 第一部 13-2】へ

    ~ Comment ~

    Re: limeさん

    未処理の種を持っていることがバレただけでも帝国法に背く重罪人ですからねえ。

    これからどうなるかをお楽しみに(^^)

    今から書くんですけど。ああっ原稿のストックが(^^;)

    Re: ぴゆうさん

    金を払ってくれるのがいい主人である、ということには変わりありませんから、ツァイさんもガスくんも仕事をしているわけであります。

    上がああだと下も苦労を……(^^;)

    NoTitle

    ああ~!
    ごめんなさい。
    ウンジョウソウでしたね。
    ウンジョウソウと、その箱が私の中でうっかりリンクが外れてました!
    申し訳ない。

    ところで三世は、それを秘密にしてたのですね。ツァイにも。

    NoTitle

    まったく、双方ともに、仕事が命がけだよね。

    ガスにしても、ツァイにしても、お気の毒な。

    基本、部下に敬意を払うような人が好きなんだけど、
    このマザコン野郎は最低だね。

    耄碌とは何!

    だったら、耄碌爺を使者にしたのはマザコン野郎だろ!
    一人突っ込みを入れたくなる。

    ブヒーv-16
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【紅蓮の街 第一部 12-4】へ
    • 【紅蓮の街 第一部 13-2】へ