FC2ブログ

    「紅蓮の街(長編ファンタジー・完結)」
    第一部 沈黙の秋

    紅蓮の街 第一部 17-3

     ←紅蓮の街 第一部 17-2 →紅蓮の街 第一部 17-4
    「終末港公爵、バルテノーズ家で家令を勤めさせていただいております、アクバと申します」

     ガスはすでに、抵抗しようとする気力を失っていた。もう、どうにでもなれ、という気分だった。

    「ナミ様、アグリコルス博士、それに、『彫刻屋』として知られている、ガス様でございますね。お疲れでしょう、どうかわが家の主人、エリカ様のもてなしをお受けいただければ幸いです」

    「ナミ」

     ガスは、斧を腰に挿すと低い声で尋ねた。

    「全部、お前が絵を描いたのか?」

     ナミは短剣を握り締めたままで答えた。

    「半分はあたし。いや、半分じゃないわね、四分の三というところかしら」

     アクバはうなずいた。

    「ガレーリョス家が、なにか重要な救荒作物を手にしたらしい、という噂は、わたしどもの情報網もとらえておりました。終末港のことを考えれば、あの権勢欲のかたまりのような男を英雄にして、この街の実権を渡し、これまで危ういところでバランスを取ってきた体制を崩壊させるのは、あまりにも危険すぎました」

     ナミがその言葉を継いだ。

    「それに対して、イルミール家のほうは、あんたを前にしてあたしがいうのもなんだけど、当主のサシェルがあんな男でしょう。あんな、金勘定がうまいだけの間抜けにこの街の実権を奪い返せるほどの才能はない。だけども、こうも考えられた。サシェルをうまく操って、ガレーリョス家にぶつけ、その両者が疲弊しきったところであれば、少数精鋭を地で行く、というか、それしか選択のしようがなかったバルテノーズ家でも、クワルス芋とアグリコルス博士を手に入れ、利権を主張できる機会を得ることができる……」

    「勝算は紙より薄いものでしたが、やるしかありませんでした。もし、指をくわえて見ているままでしたら、バルテノーズ家はガレーリョス家に吸収され、いかなる力もなくなってしまう」

     アクバは声を落とした。

    「それだけは避けたかったのです」

    「ガラ、お前さんはどこでこの陰謀にかかわってくるんじゃ」

    「あたし? あたしは、前に博士の研究旅行隊の護衛をしていたことがあったわよね。そのとき、隊員のひとりから、クワルス芋の話を聞いたのよ。どこでなんてことは、野暮だから聞きっこなし。あたしは、終末港が飢饉になっていることを知ると、使っている手下に頼んで、クワルス芋を積んだ船の情報を捜させた。ガレーリョス家がそうだということをつかんでから、どこに売り込むかを物色していたとき、最初に足を運んだのがバルテノーズ家だったわけ。後は、このアクバさんと、とんとん拍子に話が進んだわ」



    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【紅蓮の街 第一部 17-2】へ  【紅蓮の街 第一部 17-4】へ

    ~ Comment ~

    Re: 矢端想さん

    楽しみでしょう(^^)

    ふふふのふ(笑)。

    Re: ネミエルさん

    話の展開では、ここから白刃ひらめき血が噴き出る暴力小説になる……はずだったんですが、はてさて。

    ガスくんは脇役のはずだったんですが……うーむ、主役を食っているなあ。小説完結後、助演男優賞とかあげなくちゃいかんかなあ(笑)。

    Re:ポールさん

    それはたのしみ。
    ふふふのふ。
    (なんなんだ?)

    NoTitle

    話の展開が読めなくなってきましたね!

    とりあえずガスはがんばれ!

    エリカさんふしぎな 人ですね。

    Re: 矢端想さん

    第一部は、要するに、どうやってエリカ嬢を引っ張り出すかということでしたから、まあ、長いプロローグでしたなあ。

    ナミとエリカの対決は、たぶん矢端想さんが考えているのとは違う情景になると思います。ふふふのふ。

    Re: limeさん

    エリカ・バルテノーズさんはまだ19の小娘でしかありませんが、彼女には理性と知性と美貌と魅力のほかに、実は恐るべき能力があるのであります。……と、ちらっと書いてみる(^^)

    これまで意図的に超自然的力や亜人種を排してきたこの小説にも、まあ、第二部以降のこれからいろいろとあるわけでありますので乞御期待(^^)

    ガスくんは……はてさて(笑)

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    おもしろくなってきました。
    ついに第三勢力の登場!

    やはりクライマックスは「ナミVSエリカ」ですか。
    楽しみだなぁ(まだ道は遠い…)。

    NoTitle

    そういうことだったんですね。
    (全部分かってからコメントする奴・笑)
    バルテノーズ家がいましたね。
    今のところ、影が薄かったので気がつきませんでした。
    エリカ嬢、早く登場しないかしら。
    また違った風が吹きそうで楽しみです。
    ぜーーーーったい、魅力的な人にしてください(わがまま)

    それにしても、ガス。可哀想・・・・。報われるのかしら、この人。

    Re: ぴゆうさん

    ガスくんはサシェルには魅力も恩も感じていませんが、その父上の故ハシャク・イルミール男爵閣下にはものすごい恩を感じています。
    そうでもなかったらあんな変態のもとなどとっくの昔に去っています(^^)

    バルテノーズ家は、とりあえずいいもん組と思ってください。当主のエリカ・バルテノーズ嬢はこの小説のもう一人の主人公になる予定ですので……(にしては魅力的に描けずうんうんうなっている状態(^^;) 来週あたりに登場する予定ですが)

    とはいえ、あのナミが、ただでいいもん組と共闘するはずがないですからね(笑) 第三部で、事態は急転し、ナミとエリカは対決する……予定であります(^^) どんな対決かはここでは書きませんけれど。

    NoTitle

    バルテノーズ家。
    こっちはいいもん組かな。
    漁父の利と云うとこか。
    ナミの手腕があっぱれというしかないよね。
    ガスの奉公先もこっちにしたらいいのに。
    ケチ骸骨に魅力も恩もないだろう。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【紅蓮の街 第一部 17-2】へ
    • 【紅蓮の街 第一部 17-4】へ