FC2ブログ

    「範子と文子の驚異の高校生活(ギャグ掌編小説シリーズ・完結)」
    範子と文子の三十分的日常(ギャグ掌編小説・完結)

    範子と文子の三十分的日常/十一月・なんでもない日

     ←範子文子イラスト! →紅蓮の街 第二部 1-1
    「それにしてもどうなっちゃうのかしらね、文子」

    「高校生にわかるわけがないよ、範ちゃん。むしろ、範ちゃんのほうが、その手の情報、詳しいんじゃないかなあ。だって、財閥だもん、どんどん世界各地から情報が入ってくるよね」

    「そりゃそうだけど、入ってきても使いこなせるかどうかは、別の問題よ。なにぶん、平凡な高校生の頭脳しか持ってないもんね、こっちは」

     さっきから紅恵高校の2‐Aの放課後の教室でなにを話しているかと思えば、世界史の授業の直後ということもあって、昨日の北朝鮮の砲撃事件だった。勉強熱心というか、隣国の情勢をひとごとのように捉えているというか、まあ女子高生のおしゃべりであるから、実のある話になるわけがない。

    「日本にはなにもなければいいよね、範ちゃん」

    「そうよねえ」

     結局、時事問題はそういうところでなんとなく終わるのであった。

     しかし、それよりも恐るべきものは、ひそかに近づきつつあった。

    「ところで範ちゃん、期末……」

    「その話はやめにしない、文子?」

     範子は耳をふさいだ。

    「だって、今から準備しておかないと、とても間に合わないよ、範ちゃん。赤点なんか取ったりすると、落第だよ。二年生をもう一度やるようになっちゃうよ」

    「わたし、悪い予感がしてるんだけど」

     範子は声を潜めた。

    「もしかしたら、三学期を通じて、わたしたちが申しぶんのない成績で二年生を終えても、また来年、もう一度二年生をやるんじゃないかって……」

     あははは、と文子は笑った。

    「そんなこと、あるわけないじゃん。うちの学校の教育カリキュラムがどうだかは知らないけどさ、そんなことしたら、文部省だか教育委員会だかに怒られちゃうよ。ところで、大学は決めた? 海外留学とかするの?」

    「しないわ」

     範子は断固たる口調で答えた。

    「うちの学校には、立派な大学があるじゃない」

    「じゃ、それを目指して、猛勉強しないとだめだね、範ちゃん」

    「文子もでしょう?」

    「わたしは国立かなあ……うちの学校、けっこうお金かかるし。それならば、お金のあまりかからない、国立大学を……」

    「やっぱりわたしも国立にするわ」

     範子はキッと頭を上げ、前言をひるがえした。

    「お金がかからないほうがいいもんね。なにがこの先あるかわからないし、国立だったら将来つぶしもきくし。なにぶん、響きがいいじゃない。こ・く・り・つ」

     紅恵高校は、大学まであるとはいえ、いちおう進学校であったことに感謝する範子だった。これで文子が高校卒業後はすぐに就職する、とかいいだしたら、範子としてはどうしたらいいかわからない。しかもこの不況下であるし。

     文子は、そんな範子のせっぱつまった思いになにも気づかないようだった。

    「それじゃあ、とりあえず、今度の期末テストの予習を始めなくっちゃね。十二月頭からだから、もう時間がないんだけども……ちょっとごめん、トイレ行ってくる」

     範子を残して廊下に出た文子は、ポケットの中でマナーモードにしておいた携帯を取り出した。

    「……宇奈月のおじさんですね。……はい。……はい。いわれたとおりに、国立を受けるっていったら、なぜだかわからないけど、範ちゃん、がぜん勉強する気になったみたいです。……いいえそんなものは。……はい。ありがとうございます」

     文子は携帯を切った。

     ほっといているようでも、いろいろと親は心配しているものである……。


    れもんさんイラスト
    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【範子文子イラスト!】へ  【紅蓮の街 第二部 1-1】へ

    ~ Comment ~

    Re: れもんさん

    こちらこそ、せっかく絵を描いていただいたのにこんなショボいショートショートですみません(^^)

    学校生活、締めるところは締めておいたほうがいいですよ。経験からですが。

    もちろん、遊ぶときはおもいっきり楽しんでくださいね。若い季節は二度と来ませんから……。

    この二人には勉強するところは勉強しながら、思い切り高校生活をエンジョイしてもらうつもりです。

    国立を受けるとかいってますから、気の向き次第で再来年には東大とか京大に入っていたりしてこのふたり。まあ気の向き次第では留年とか浪人とかの可能性もありますが(笑)。

    NoTitle

    イラスト頂いてくださり、ありがとうございます!い、いいのか・・2記事にわたりこの絵が載せてあるなんて…!

    おおう…(゜Д゜)
    あ、そうです金髪の方が範子ちゃんですb

    これ読んでたら、将来心配になってきて、真面目に勉強しようという気になってきました(苦笑)ありがとうございます★

    Re: ネミエルさん

    問題がひとつありまして。

    成長させると、遅くとも数年後にどうしても「最終回」を迎えさせないといけなくなるという……。

    桐野君を終わらせることには何の問題もないですが、この娘たちは……。

    と思うと、やっぱり悩んでしまいますねえ。月イチ更新ですし。

    NoTitle

    よく考えたら同じ年齢だった・・・。
    なるほど。

    成長させましょうよ、そこはw

    Re: limeさん

    最初は政治的なネタで暴れさせようかと思っていましたが、この小説で、「それはないだろう」と思いましたので(^^)

    今、二人を「普通に成長させる」か、「永遠の高校二年生にする」かで悩んでおります……。うむむ。

    NoTitle

    お。とってもフレンドリーな展開でしたね。
    タイムリーな時事ネタからはじまったので、また何か範ちゃん、暴れるのかと・・・。

    可愛いイラストから作られたSSだったのですね。
    二人とも、勉強がんばれ~。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【範子文子イラスト!】へ
    • 【紅蓮の街 第二部 1-1】へ