FC2ブログ

    「紅蓮の街(長編ファンタジー・完結)」
    第二部 非情の冬

    紅蓮の街 第二部 10-3

     ←紅蓮の街 第二部 10-2 →紅蓮の街 第二部 10-4
     ほほう、覚悟を決めたかあの小娘、と、ヴェルク三世は意外なものを見るかのようにエリカの後姿を眺めた。さすが公爵家の跡取りだけあって、肝は据わっていると見える。

     だが、怒り狂った民衆相手にどれだけのことが……。

     そんなヴェルク三世の思いは、わずか一瞬で根本から打ち砕かれた。

    「市民諸君!」

     この華奢な身体のどこから出て来るのか、と思えるような、ばかでかい声だった。その声は、広場に集まった万を数える人間、全ての耳に届いたことは疑う余地もなかった。なぜなら、それまでごうごうと非難の声を上げ続けていた、彼らのわめきが、そのひとことでぴたりと静まり返ったからだ。

     エリカはその沈黙の間に大きく息を吸うと、先ほどと同じような大声、だが人を恫喝するかのごとき色は一切皆無な声で続けた。

    「市民諸君、そして食と職を求めて新たにこの街へ来られた新参の諸君よ。わたし、終末港公爵エリカ・バルテノーズは、諸君に過酷な枷をかけることを詫びねばならぬ。だが、眼(まなこ)あるものはこの目を見よ。この目が、自らの支配欲、権勢欲のために諸君をさいなむ者の目に見えるか!」

     その声に、その場にいるほぼ全ての人間の目が、エリカの瞳に釘づけとなった。

     エリカは続けた。

    「市民諸君、このエリカに申したいことは数あろう。だが、わたしからも諸君に納得していただかねばならぬことがある。それは、今、この終末港を取り巻く状況そのものだ。それは、まさに、最悪という言葉を使うこと自体が愚かしいような、最悪なものなのだ」

     ヴェルク三世はその耳どころか腹にまでびりびり響く大声を聞きながら頭を働かせた。いったいこの小娘が、どこでこんな大声を出すことを学んだのだ……。

     次の瞬間、ヴェルク三世はその理由に思い当たり、舌打ちをした。

     旅芸人だ。エリカ・バルテノーズ公爵閣下は邸に迎え入れた旅芸人と毎夜のごとく接している、という情報を、たしかに間者はもたらしていたはずではなかったか。

     あの小娘め、旅芸人から、広場を埋め尽くすような群集相手に口上を述べる際に使う、発声法と呼吸法を学んでいたに違いない。しかも毎夜!

     くそっ、と、内心、ヴェルク三世は悪態をついた。

     だが、問題は演説の中身だ。あの内容で、どうやって民衆を納得させられる?

     ヴェルク三世の思惑を、知っているのか知らぬのか、エリカは信頼感を覚えさせる朗々とした声で演説を続けた。

    「市民諸君、理解していただこう、今やこの終末港は平時ではない。非常時であり、戦時なのだ。われらを包囲する敵は雪と氷。包囲戦はもはや十日にも及んでいる……」



    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    【紅蓮の街 第二部 10-2】へ  【紅蓮の街 第二部 10-4】へ

    ~ Comment ~

    Re: ネミエルさん

    演説シーンは書いているうちにのってきて、あたかも自分がその場でしゃべっているような錯覚にとらわれるので、書くのに注意が必要だったりします。

    でもこのシーンを書く前にアリストテレスの「弁論術」を読んでおくんだった。人の心のつかみ方がわからん。

    Re: ぴゆうさん

    そういう演説シーンにしたいんですが、わたし演説ってやったことがないので、どうすればひとりの個人に信頼感を集められるかがよくわからない、という(^^;)

    このエリカちゃんの演説力がまた近い将来禍根を産むことになろうとは、なんと作者もおぼろげにしか考えていなかったのであった(笑)

    Re: limeさん

    ガスくんの献策は、「二段構え」のものだったりします。

    カンの鋭いlimeさんだったらもうお気づきかな?

    Re: 秋沙さん

    おお、かっこいいですか、よかったよかった。

    伏線は早く使わないと忘れてしまうので(笑)。

    実はこの先ができていません。なんとかするつもりですが。

    NoTitle

    かっこいいな、やっぱり。
    はっきりはきはきが大事だということのほかありませんね。

    エリカさんやってくれたな!

    NoTitle

    それは朗々として、
    後々の語り草になるであろう大演説なんだろうね。

    骸骨は太くてとげとげの尾っぽを巻いて引っ込むしかないね。

    NoTitle

    大きく響き渡る声っていうのは、大事ですね。
    でないと、サシェルの時のようにざわざわヒソヒソ伝わってしまう。

    エリカちゃん、・・・・。そうか、そっちの方向で民衆に理解を得ようとしてるのかな?
    (違ってたら恥ずかしいので、思うだけにします(*^_^*)

    NoTitle

    エリカちゃん、か~~~っこいい~~~~~~!!!

    なるほど、「旅芸人」の話はどこへ行ったんだ?と思っていたら、これだったのねぇぇぇぇ。
    憎い伏線ですねぇポールさん。お見事。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【紅蓮の街 第二部 10-2】へ
    • 【紅蓮の街 第二部 10-4】へ