FC2ブログ

    「紅蓮の街(長編ファンタジー・完結)」
    第二部 非情の冬

    紅蓮の街 第二部 10-4

     ←紅蓮の街 第二部 10-3 →紅蓮の街 第二部 11-1
     ヴェルク三世は歯噛みする思いだった。集まった市民たちが、一心にエリカを見つめていたからである。

    「この雪と氷は、ここだけでなく『帝国』全土に広がっていることはまず疑う余地がない。物を買うにも物流は停止し、海は荒れて船を出すことすら難しくなっている有様だ。いやしくも商業に携わる市民諸君には、これが何を意味するかはわかるであろう。そう、われわれの孤立である。そして、われわれには、この包囲がいつまで続くのかを知る術すらないのだ。この中で、この冬を乗り越え、生きることを望むものは声を上げよ!」

     群集のあちこちから、おお、と声が上がった。

     エリカはさも心外そうにいった。

    「なんと! 生きることを望まぬものがおるのか? 終末港はいつからかような退廃したるものの巣窟と化したのだ? 重ねて問う。生きることを望むものはいるか? いたら大きく声を上げよ!」

     先ほどまでとは打って変わった大きさで、おお、という声が広場中に溢れかえった。

     エリカは満足そうにうなずいた。

    「この非常時にありて、我は市民諸君に慈母の顔を見せることはできぬ。我は女の身でありながら、諸君に厳父のごとくふるまうであろう。だが、それが諸君を眼前に迫りし死より救う唯一の方策なのだ。市民諸君、諸君らの命をこのわたし、エリカ・バルテノーズに預けてほしい。不満あるものも、我に賭けるものも、声を上げよ! 声を上げるは、市民諸君、諸君の生きている証であり、それを聞くは我の望むところである! 市民諸君、声を上げるのだ! 生きんとせし我が同胞よ! 我にその叫びを聞かせよ!」

     群集は、熱狂状態と化していた。

     エリカ!

     エリカ!

     エリカ!

     あたかもエリカ・バルテノーズという十九歳の乙女が皇帝か救い主であるかのように、広場の群集は皆、エリカの名を口々に叫んでは拳を突き出した。

     ヴェルク三世もまた、知らず知らずのうちに立ち上がっていたが、苦々しげに評議員席に腰を下ろした。

     くそっ、エリカ・バルテノーズめ、まだまだおむつの取れていない小娘と思っていたら、とんだ食わせ物だ。あの状況を、演説ひとつで逆転しやがった。おれが浴びるべき歓呼を、あの小娘は一身に受けている。いったいどんな魔法を使いやがったんだ。

     群集はまだエリカの名を叫び続けていた。

     このエリカという女、放っておくには危険すぎる女だ。なんとしてでもわが妻とし、自分の勢力に加えなくてはならぬ。

     どうして自分がエリカを「殺す」という発想に至らないのか、ヴェルク三世には考えることすらできなかった。



    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【紅蓮の街 第二部 10-3】へ  【紅蓮の街 第二部 11-1】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    雪よりも氷よりも、さらには飢餓より怖いのは、「女」だったりしますこの小説(^_^;)

    もう男どもは善良で(笑)

    NoTitle

    エリカちゃん、カッコいい!
    旅芸人は、そのためだったのか。
    でもまだまだ、ヴェルクさんとの戦いは続きますね。
    そして、それより怖い雪と氷。
    エリカちゃんガンバレ。

    そして、ナミさんはどう動く?

    Re: fateさん

    けっこうガスくんは、真剣に悩むタイプの男なんです。みんながさつなイメージしか抱いていないようでしたが。(^^;)

    旅芸人の件ですが、このくらいのことはしないとミステリの神様に怒られてしまう(笑)。

    今後どんどん、終末港は地獄の街と化していきます。

    「越えちゃいけない一線」まで越えてしまいますのでよろしく(^^)

    しかし第三部を読みエピローグまで読んだ後には必ずや満足させてみせます。作者の魂がこもってますので(^^)

    ガスの告白

    ああ、やはりね、という気がしました。
    というか、そういう孤児院の発想、fateもありそうで怖い…(--;
    というか、『真紅の闇』は結局それに近かった。
    榊がガスだったんだよね。
    レーアはfateの場合逃げ延びたことになるけど。
    だから、甘いんだ、fateは。
    でも、これは物語の中の語りだから、メインじゃないからね。

    そして、旅芸人をそういう風に使ったのか~。
    なるほど。そういう隠し味の存在にはびっくりでした。
    余興でもやらせんのか? とfateの頭には「???」がたくさん浮かんでいたので~(^^;

    Re: 矢端想さん

    ひと皮むけば、あのマーガレット・サッチャーも顔負けな「鉄の女」エリカちゃんに、そういうキャッキャウフフするようなところって、あるのかなあ?(笑)

    しかし、わたしの小説に出てくる女性って、どうしてこう、どいつもこいつも「鉄」とか「鋼」で形容したほうがピンと来る女ばかりなんだろう?(^^;)

    NoTitle

    >エリカちゃんにも ウィークポイント

    わかりましたよ! 耳たぶでしょ!!

    ・・・あっ、ネタバレだゴメン!!

    Re: 矢端想さん

    誰かは気づいてくれると思ってました(^^)

    そのくらいのことはしないと、あのナミとの相手には力不足です(^^)

    エリカちゃんにもエリカちゃんでウィークポイントを用意していますので、いったいそれがなんなのか想像しながらお読みになってくださいね(^^)

    NoTitle

    いや・・・私の解釈が正しいのであれば・・・

    万を超える群衆が、このやりとりによって以後エリカちゃんに誰も手出しできなくなるのでは・・・(汗)
    エリカ・バルテノーズ、恐るべし・・・

    しかし、こういう人心を動かすような演説の台本が書けるところに、作家の才能というものが現れますね。

    Re: LandMさん

    演説は書いていると自分でも高揚してくるから諸刃の剣ですね。

    一応、まだ小説はわたしのコントロールのうちにあるはずなのですが、あまり演説をさせまくっているとコントロールを外れて暴走するかもしれん(笑)。

    Re: 秋沙さん

    もしかしたら、誰も以前に設定した重要事項を覚えていないのかもしれん、とじっと手を見る今日この頃。

    伏線は張った瞬間に処理しなくちゃこういう連載ものはつらいのかもしれないなあ。

    NoTitle

    演説は大衆に効果がありますよね。
    まあ、良い意味でも悪い意味でもですが。それがどのように左右するか・・・思った通りに動くか予想外の展開を見せるかで、どういう手を討つのかが変わってきますからね。こういう演説もいいですよね。生存意欲を訴える演説も。どうも、LandMでしhた。

    NoTitle

    おっと?
    ヴェルクくん?それはね?惚れてるんだよ、あんたもエリカちゃんに。
    ワハハハハハ (^O^)

    あんたみたいなやつに惚れられたって、だ~れもうれしくないけどね。
    早くフラれなさい。
    そして再起不能になって大好きなママと一緒に地獄へ落ちなさい
    ヘ('◇'、)/~ ウケケケ...

    Re: limeさん

    そういう反応をされるということは、まだガスの策の二段目の意味に気づいておられないということですね(^^)

    ふっふっふっ。

    まあミステリみたいに隠すタイプの小説ではないので、明日からの更新にでも書きますが、原稿真っ白で頭も真っ白。ほんとにできるかなわたし。

    NoTitle

    そうです、エリカちゃん。
    よかった、私と同じ意見で(うれしくない?)

    救世主としてではなく、同志として共に闘う姿勢を見せた方が
    民衆の心を掴む!
    なんでも上から目線ではダメですよね。
    わかったか、ヴェルクと鶏ガラ~。ψ(`∇´)ψ
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【紅蓮の街 第二部 10-3】へ
    • 【紅蓮の街 第二部 11-1】へ