FC2ブログ

    「紅蓮の街(長編ファンタジー・完結)」
    第二部 非情の冬

    紅蓮の街 第二部 15-4

     ←紅蓮の街 第二部 15-3 →紅蓮の街 第二部 16-1
    「どんな予感よ」

    「それがわかればな」

     ガスはいらだたしげに、頭をこぶしで何度も叩いた。

    「どうも、おれたちは、害意ある連中の張り巡らした策略の中に、自分からずかずか入り込みつつあるような気がしてならないんだ。どうもな」

    「あながち取り越し苦労ともいえないわね。こんな怪しげな情報提供者が出てきているってことはね」

     ナミはそんなガスの懸念を一掃するかのようにいった。

    「だから、周りをバルテノーズの男たちで囲んでいるんじゃない。備えあれば、憂いなしというやつよ」

    「だといいんだが」

     ガスは海を見るともなく見やった。相変わらず、ひどいしけだった。

    「そろそろ、合図の灯が見えても……」

     ガスのつぶやきに、ナミは指を差して答えた。

    「あれじゃない?」

     ナミの言葉どおりだった。しけの海を、頼りない桟橋を目指して、小船が、木の葉のように波にもまれながらやってくる。少なくとも、ガスの見た、ランタンとおぼしき点滅する明かりからすればそうだった。打ち合わせどおりの光りかただ。

    「ご苦労さんなことだぜ」

     ガスはこちらも矢文で打ち合わせているとおり、ランタンを三角形に動かして相手の船の合図にこたえた。

    「罠という気がする。ここでこうやっていてもな」

     ガスはいらだたしげにいった。

    「考えすぎなのよ」

     ナミは答え、ランタンを握った。

    「あたしとあんたを指定してきたってことは、イルミールの家の中でも、あたしたちに近いところにいた人間ってことよ。それだけ、あたしはともかくとして、ガス、あんたは信頼されていたってことじゃない」

    「そうかもしれないが……」

     ガスはいいよどんだ。

    「そこまで不安だったら、あなたここでわたしを援護していて。あたしがいつでも逃げ帰ってこられるように。もしこれがだまし討ちだとしたら、討ってくれって二人揃えて雁首を並べることもないでしょ?」

    「お、おい」

     ガスが止める間もなく、ナミは桟橋に向かって歩き出していた。その後ろ姿は自信にあふれていた。

    「あの女、相手を過小評価しすぎだぜ」

     ガスが見守っているうちに……。

     ふっと、ナミのランタンが消えた。

    「!」

     それが、終末港をバルテノーズ家の人間たちの血で染める一夜の宴の始まりだった。



    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    【紅蓮の街 第二部 15-3】へ  【紅蓮の街 第二部 16-1】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    ここからは読む人を選ぶからなあ……(^_^;)

    ある意味R-18指定?

    NoTitle

    ひええ、何が起こるのか。
    やはり、雪と氷との戦いだけでは終わらないのか、非情の冬。
    クライマックスを楽しみに、またお邪魔します。

    Re: 秋沙さん

    ナミもナミらしくありませんねえ~(^^)

    そこらへんを追及されると弱かったりします。

    さてさて。

    Re: 矢端想さん

    とりあえず第二部クライマックスであることは確かです。

    ガスくんの活躍をごらんください(ナミは?)

    で、今はどうやって自然に第三部に持っていくかが……。

    Re: ネミエルさん

    この小説、ファンタジーですが、「超兵器」が出てくるタイプのそれではないので……(^^)

    超自然も超兵器もろくろく出てこないのにファンタジーを名乗るのもどうかという気がしますが。(爆)

    Re: limeさん

    >一番の悪玉は誰なんでしょう

    けっこうこの小説のポイントをついた質問だったりします。

    だから答えられません(笑)。

    Re: ぴゆうさん

    「暴力と悪徳の街」の二つ名は伊達ではありません(^^)

    今後ショッキングな出来事が明らかになる! 予定ですが原稿そこまでできていない(爆)。

    NoTitle

    およよよよ?
    ナミちゃんの身に何が!?

    ナミちゃんにしては軽率といいますか、いつもの用心深さはどうしちゃったんですか~?
    これも、エリカちゃんに毒気を抜かれてしまったが故なんですかぁ?

    なんか一気にお話が進みそうな予感。どきどき。

    NoTitle

    おお、ついに物語は急展開。

    終末港いずれの勢力も読者も作者も総毛立たずにおれないヤマ場。
    なるほど、とうとうここにきてしまって作者は数日間怖気づいて震えていたわけですね、わかります。

    終末港なんてやつだ

    よくやりますね、ほんと
    ここで超兵器の出番ですか?

    NoTitle

    やられちゃうのはバルテノーズ家なのですか?
    一番の悪玉は今、だれなんでしょう~。

    ナミとガスは、罠にはまるのか!



    NoTitle

    穏やかでもないけど、無事に過ぎていた日々も終わりなわけか。
    しかし、この期に及んでも策謀やら戦いをする気力体力が残っているだけでも、すごいよね。
    終末港、恐るべし。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【紅蓮の街 第二部 15-3】へ
    • 【紅蓮の街 第二部 16-1】へ