FC2ブログ

    「紅蓮の街(長編ファンタジー・完結)」
    第二部 非情の冬

    紅蓮の街 第二部 16-1

     ←紅蓮の街 第二部 15-4 →紅蓮の街 第二部 16-2
    16



     ガスは自分のランタンを放り投げると、大地に身を投じ、降り積もる雪の上をごろごろと転がった。

     ランタンは、油が流れ出して一瞬ぱっと燃え上がると、すぐに消えた。

     ガスの判断は賢明だった。

     ついさっきまでガスが立っていたところ、すなわちランタンの明かりをめがけて、幾本もの矢が飛んできたからだ。

    『守っていたバルテノーズ家の男たちはどうしたんだ!』

     ガスは心中思ったが、それは、この事態を見ればわかりきったも同然だった。

    『みんな殺られたか』

     ガスは一瞬のうちにそこまで状況を把握すると、腰の剣を抜いた。

     使い慣れた斧でないのが残念だったが、こんなところで選り好みはいっていられなかった。とにかく、手持ちの武器で血路を開くしかない。

     闇夜に、ランタンの光が幾筋もともった。

     まずい。

     空は墨を溶かしたような曇天だが、地面は一面の雪だ。ランタンの乏しい明かりでも、光が地面に反射して、ガスの居所はまるわかりになる。

     ガスは、素早く立ち上がると、最も近くの建物を目指して、稲妻が走るように、雪の上をジグザグに走った。

     足が雪に取られそうになったが、それでもイルミールの衛兵隊長をこなしていただけのことはあった。

     さらに飛んできた矢を際どいところでかわしながら、ガスは使われていない倉庫のひとつに飛び込んだ。

     壁にもたれ、肩で息をついた。

     ここならば……。

     まだ戦えないこともない。

     イルミール家か、ガレーリョス家かは知らないが、乱入者はじっくりと時間をかけて、ガスという油断のならない獲物を狩ることに決めたようだった。

     雪の上を進む、さくさくという足音が、ガスの耳にも聞こえてきた。

     焦るな。

     ガスは自分に言い聞かせた。

     とにかく、目がこの倉庫内の漆黒の闇に慣れるのを待たなければならない。

     闇に目を慣らし、ここに飛び込んできた敵を、ひとりひとり確実に殺していく、というのが、もっとも確実なやりかただった。

     とはいえ……。

     この絶対的な数の差の前では、そのような努力も無に帰しかねないことは、ガス本人が重々承知していた。

     くそっ……。

     ガスは言葉に出さずに毒づくと、静かにそのときを待った。



    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    もくじ  3kaku_s_L.png 読書日記
    【紅蓮の街 第二部 15-4】へ  【紅蓮の街 第二部 16-2】へ

    ~ Comment ~

    Re: ネミエルさん

    ガスくんもガスくんで、ただの男ではありません(^^)

    ナミやガスの心理について詳しく書くとネタバレになってしまうので避けますが……。

    NoTitle

    ガスさん逃げて!
    ナミさんの勘にはすごいものがありますね。
    さっすがです・・・。

    Re: ぴゆうさん

    ナミがランタンを消したのは、それを持っていると弓矢のいい目標になるからです。周囲からの殺気を感じたのでしょう。

    ガスくんはナミがそうしたのを見て、自分もランタンを消し、身を低くしてその場から移動しました。ナミからは一瞬遅れたものの、殺気を覚えたからです。

    いよいよ、ガレーリョス家がトイスの「策」を二面に渡って使い始めた、という状況であります。

    説明足りずしてすまんです。

    NoTitle

    ニャンダニャンダ!
    いきなり戦い。
    なにがどうしてどうなった?
    ナミは?
    ガスは?
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【紅蓮の街 第二部 15-4】へ
    • 【紅蓮の街 第二部 16-2】へ