FC2ブログ

    未分類

    ポール・ブリッツスペシャルルールでもう一度いくぞ

     ←範子と文子の三十分的日常/二月・バレンタイン前日 →ミズマ。さん範子文子小説!
    卯月朔殿よりいただきに候。口調指定は『和風っぽく!(漠然)』とに候。候文など書いたことも無きに候らわば、文法の乱れも御容赦仕り候。

    基本的に、「バトン」というのはチェーンメールが如くあるため好みに非じ候。されど自分を指名の上回り来し候らえば礼儀として聞かれしことには答え候。されどバトンは止め候。

    というわけで回答だけで御容赦仕り候。

    【バトンを回す人は?】
    回さず候。

    【バトンを回す人の人の指定口調は?】
    重ねて申すが回さず候。この質問文、誤植のまま回っていると思われ候。

    【この中で最初に知り合ったのは?】
    回すつもり無きためため答えること能わざるに候。

    【イメージカラーは?】
    答えられぬ質問ばかりで如何にもならぬで候。

    【喧嘩したことは?】
    喧嘩することになったらまず自分に非があると考え候。即座に謝罪し候。それでも友達を数人なくし候。

    【バトンを回さなかった罰ゲームは?】
    バトンを嫌いし理由のひとつにこの「罰ゲーム」の存在もありて候。何様かと思うて候。

    【最近良かったと思うことを口調指定で】
    ここまで普通の口調でよかったのかと思うも後の祭りで候。
    今月頭、友人のつてで雲の上の世界に遊びに行きし候。神に等しきかたがた数名と口を利きし候。かような功成り名遂げたかたがたから「とにかく投稿せよ」と激励を受け候。ついでに飯も鱈腹食し候。薬のせいで酒を飲むこと能わざりしが唯一の心残りに候。

    【自分の苦手な物にまつわるエピソード】
    幼きときより牡蠣が苦手で候。一昨年の冬ようやく克服し候。まさか自分が店でカキフライ定食を自ら頼むときが来ようとは想像の埒外に候。人間食おうと思えばなんでも食せるに候。

    【明日しよーかなーって思ってること】
    病院行って健康診断のため採血に候。この寒いのに朝飯抜きで候。そのぶんは採血が終わってからゆっくり飯を食うつもりに候。されど行きつけの病院は平気で診察時間を昼食時ごろにする可能性があるので戦々恐々に候。

    【今の服装と髪型を細かく伝えてみて】
    下着の上に茶系統のおんぼろのセーター二枚を重ね着に候。下はこれまたおんぼろで尻ポケットのボタンが取れし茶色のズボンを履き、押入れから引っ張り出した温かそうな黒い靴下を履きしに候。髪型はこだわれるだけの量を有せずに候。浪人生のころに突如悪化した悪性脱毛症の爪痕は年月を経た今も頭に厳然と残りしに候。悲惨すぎて描写できずに候。
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    【範子と文子の三十分的日常/二月・バレンタイン前日】へ  【ミズマ。さん範子文子小説!】へ

    ~ Comment ~

    Re: 秋沙さん

    きのうはサザエを食ったが腹は大丈夫でした。うまかった。

    貝類、あたるときはあたるもんなあ……。

    NoTitle

    御意。

    Re: 秋沙さん

    わかりやしたぜ旦那。

    あっしァ昔から牡蠣だけはどうも腹が下って。

    寒い時期ってェのもいけなかったんでしょうねェ。

    (落語か捕物帖を読んだらしい)

    NoTitle

    概ね、貝類を好まざるは食あたりの経験によるものとおぼしき。
    一度あたった物なれば、次に食する機会にも精神的にヤラれる事多し。

    (いい加減武士言葉やめよう)(^^;

    Re: 秋沙さん

    牡蠣が食えないだけで味覚がおこちゃまと呼ばれてちとショックが(笑)

    でも幼少時から、辛い思いをしながら牡蠣を食っては下痢、を続けていたらそうもなりますって(^^;)

    食し忘れた生牡蠣……捨てなさい(笑)

    NoTitle

    _・)ぷっっ
    なんか、候候ってすごいですね(^^;

    「回すつもり無きためため」って(^^;

    本日、冷蔵庫の奥のほうに、食し忘れた生牡蠣を発見し候。
    その姿たるや、この世のものとは思わざるほどのおぞましき・・・(以下自粛)

    牡蠣はたいがい、子供の味覚には合わざるものなり。
    しかしながら、此れを制したとあらば、すなわちこれ、大人の味覚へと成長を遂げたものと思わるる。
    申するに、今までがおこちゃまだったのねと言わんが如し(^^;

    Re: 矢端想さん

    すごいですねえ。

    牡蠣初心者(笑)のわたしには、ちょっとまだ難しいコースかな(^^;)

    まあそんなところで食べる金もないですけど。

    硬派というよりオタク(笑)。

    Re: ネミエルさん

    ちなみにこの「候」は「そうろう」と読みます。

    昔の武士はこうして手紙を書いたものです。

    文章がぐちゃぐちゃになっちゃったけど(^^;)

    Re: ぴゆうさん

    わたしにも書ける和テイストな文体といえば、「候文」しか思いつかなかった(^^;)

    だって擬古文とか難しすぎるぜまったく。

    わたしが牡蠣を食えるようになったのは、某リ○ガーハットのちゃんぽんのおかげ……でもあります。注文した季節メニューのちゃんぽんに入っていた牡蠣を目をつぶって食ったら意外とウマかったので。

    NoTitle

    牡蠣なら難波の専門店に二度行きました。
    コースでいろんな牡蠣の料理が堪能できて
    そのたびにどこそこ産の牡蠣とか説明してくれます。
    サンシャインシティの同じ店にも行ったことがあります。
    特に好物なわけではありませんが。

    ポール殿の硬派な態度いたく感服仕り候。
    (いいかげん)

    NoTitle

    候www
    めちゃくちゃわらってしまったwww

    くやしぃっ

    NoTitle

    候文はおもろい。
    おもろかった。

    牡蠣が苦手の人ってけっこういるよね。
    私も最初はダメだったけど、
    一度、生ガキをレモンとケチャップで食べたら、美味しかったよ。
    それからフライも好きになった。
    きっかけなのかな。
    v-410

    Re: 卯月 朔さん

    わたしにもうちょっと教養があればしっかりした候文が書けたんですけどね。すごくいいかげんになってしまいました(^^;) すみません(^^;)

    カキフライを克服するまでえらい時間がかかりました……最初に食べた幼稚園児のころはもう泣きましたもん(笑)。
    やっぱりあれ、大人の味ですよ。うん。

    次はホヤか?(食べる機会すらないですが)

    NoTitle

    候文キタ! 書状だ……!!(゚∀゚)
    バトンおキライなのに、回してしまってすみません;; そのうえ回収もしてもらって、ありがとうございます<(_ _*)>

    そして質問文の誤植まったく気付きませんでしたw 人の人のw

    牡蠣は、美味しそうだなあと思う半面、見た感じどうにも食べれる気がしなくて、卯月はまだ味わったことないですね……カキフライなら食べられそうな気がするかも。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【範子と文子の三十分的日常/二月・バレンタイン前日】へ
    • 【ミズマ。さん範子文子小説!】へ