FC2ブログ

    「紅蓮の街(長編ファンタジー・完結)」
    第三部 殺戮の春

    紅蓮の街 第三部 1-3

     ←紅蓮の街 第三部 1-2 →紅蓮の街 第三部 1-4
     敵味方ともども、多くの男たちが死ぬ、深刻な殺し合いは、長く続いた。

     結局、バルテノーズ邸そのものと、エリカをはじめとする重要人物たちの命と身柄だけはなんとか守りきれたものの、食糧倉庫いくつかと、大量の食糧を収めていた食料集積所をガレーリョス家に押さえられてしまった。ほかはどうあれ、食糧集積所を押さえられたのは、今のバルテノーズ家にとっては致命的ともいえた。バルテノーズ家主導の食糧配給計画そのものが破綻をきたしたのだ。

     集積所襲撃の指揮、というか切り込み隊長を務めていたのがゴグであると知って、ガスは複雑な思いを禁じえなかった。

     今や、追い詰められているのはバルテノーズ家のほうだった。港と、門や通りの一部は確保しているものの、食糧に釣られた大量の市民がガレーリョス側につき、バルテノーズ家は深刻を通り越して、末期的ともいえる食糧難に陥ってしまったのである。

    「まだやつらはあれをやっているのか」

    「おそらくは」

     アクバはうなずいた。

    「けだものどもめ……」

    「ガス殿」

     アクバはたしなめた。

    「そんなことをいったら、けだものに失礼です」

    「おれはそんな話をしているんじゃねえ!」

     ガスは壁を拳で思い切り叩いた。

     落とそうとしても落ちない、壁の汚れが目に映った。

     そうだ。ガレーリョス家の鬼畜どもは、あの日ここまで迫ってきたのだ。

     この黒いしみは、敵味方、どちらの血の痕だろうか。

     それがガスを落ち着かせた。

    「今の状況は圧倒的にやつらが有利だ……」

     ガスは冷静になろうと努力した。

    「それでいながら、やつらがこちらを攻撃してこないのは、やつらは、おれたちを包囲して、いわば『兵糧攻め』のようにしているからだ」

    「その通りです」

     アクバもうなずいた。

    「クワルス芋の種芋が、小芋をこしらえるまでの期間、こちらはほとんどなにも食べるものがない。そして、クワルス芋を収穫したとたんに……」

     ガスは苦々しい表情になった。

    「やつらは牙を剥いて、へろへろになったおれたちを襲ってくるというわけだ。そうすれば、最小限の流血で済むことになる。やつらにとってだが」

     アクバは壁の汚れを手でなでた。

    「こちらで打てる、考えられる策は、わたしにはひとつしか思い浮かびません」

     ガスはいまいましげな笑みを浮かべた。

    「奇遇だな。おれもだぜ」

     ふたりは顔を見合わせて押し黙った。



    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    【紅蓮の街 第三部 1-2】へ  【紅蓮の街 第三部 1-4】へ

    ~ Comment ~

    Re: ぴゆうさん

    あの漫画、わたしも読みましたけど、どこまで信じていいのかわからなかったのでここでは取り上げませんでした。

    土がゆ、もしも作ったとしたら、土壌にいる細菌や寄生虫などで、かえって死ぬ公算が高くなるんじゃないかとも思えたので。

    また、ここが「都市」であり、現時点では耕地である外へ出るのも半ば命がけのような状況では……ううむ。

    難しいところです。選択肢の一つに入れるべきだったかなあ。

    Re: 秋沙さん

    そこらへんはまあこれからの展開とも密接にからんでくるんで。

    あまり触れないでくれると嬉しい(笑)。

    Re: 矢端想さん

    ほかに手段もない。と覚悟するガスくんたちでしたが、そこからさらに事態は二転三転するのでした(^^)

    今後の展開を期待してください。

    NoTitle

    ちょっと待てぇ~~

    天保の大飢饉の時に
    土粥なるものがあったらしいぞ!
    人食うより土食えだい。
    本宮ひろ志の漫画にあった!

    NoTitle

    やっぱり・・・

    食べちゃう?ヽ(。_゜)ノ


    ぢゃなくって。

    お嫁にやっちゃえばいいのよ。そうよ。

    NoTitle

    やっぱり・・・降参・・・なのか?

    Re: 矢端想さん

    ここまで来たらもうあれしかないでしょう。

    敗色濃厚になっている側が理性を持ちながらも捨て身でやることといったら相場が決まっています。

    理性がなかったら万歳突撃ですが……。

    NoTitle

    なあんだ、ウンジョウソウ食ってみんなラリってシッチャカメッチャカ・・・と思ったのに。もう食っちゃったのか。
    人を喰わずに十五日生きる・・・

    降参。まいった。先生わかりませーん!

    Re: ネミエルさん

    あったらいいですね古代文明の遺産。

    クワルス芋がその古代文明の遺産かもしれませんよ(笑)。

    わたしの小説での古代文明の遺産なんて、そんな程度の力しかなくて……(妙なところで現実的なやつ(^^;))

    NoTitle

    あれは駄目だろ!
    駄目だぞ、ガス!

    そんな古代文明の遺産なんて(言ってません

    Re: 矢端想さん

    ウンジョウソウだったら違います。

    あれは、育てて麻薬の原料とするほかには、ほんとにパンやシチューなどの薬味にするくらいしか使い物になりません。

    話に出てこないのは、とっくの昔にみんな食っちゃったものと思われるからです。

    事態は、そんな小手先ではどうにもならないところまで来ています。

    ガスくんやアクバさんたちは苦渋の決断をせねばなりません。

    とはいっても、これから二転三転するのですがふっふっふっ。(なんか自分がすごくイヤな人間になった気がする(笑))

    NoTitle

    あっ、もしかして、あれでしょうか!?

    すっかり忘れておりました。
    あれっきり物語から姿を消してましたね!

    Re: limeさん

    とりあえず、「五日分の食糧で十五日生きていく」というのが大前提です。

    となったら……人を食う以外の手段としては……あれしかありません。

    最終手段ですけど。

    NoTitle

    んん?
    でも、あれを、ああしちゃったら、元も子もないし。
    やっぱ違うかな。
    あ、あれは?
    あれはまだ残ってました?食べちゃった?
    (分かんないって・笑)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【紅蓮の街 第三部 1-2】へ
    • 【紅蓮の街 第三部 1-4】へ