FC2ブログ

    「紅蓮の街(長編ファンタジー・完結)」
    第三部 殺戮の春

    紅蓮の街 第三部 2-1

     ←紅蓮の街 第三部 1-4 →紅蓮の街 第三部 2-2




     エリカは自室のベッドに横たわっていた。食を断って五日、胃袋はひっきりなしに痛みを訴え、身体じゅうが食べ物を求めてあえいでいたが、エリカは意志の力でそれを押さえ込んでいた。

     窓から入る陽光を見て、エリカはうっすらと微笑んだ。もはや立って声を張り上げる体力すらない。神々がもしいるのなら、少なくとも主神たる神々の王ザースさえいるのなら、この命と引き換えに、愛するこの街、終末港を救えるかもしれぬ唯一の人、アグリコルス博士の命を救ってもらいたいものだ。

     そう、それに……。

     エリカの瞳に、なにか影のようなものがよぎった。

     アグリコルス博士の存在は、勅使殿がおっしゃっていた『あれ』に対する切り札になるかもしれない。

     少なくとも……。

     知恵をもつ人間が力を合わせれば、たとえ『あれ』が来たとしてもなんとかなるに違いない。

     それまでは、今でさえ荒廃し、擦り切れかかっている人の心を、さらに刺激することは避けねば……。

     扉を叩く音がした。

     今や「どうぞ」ともいえないエリカは、扉が開けられるにまかせるしかなかった。

     入ってきたのは、ふたりの人間だった。

     おかしな組み合わせのふたりだった。

     ひとりは、もうすっかり、古くからこのバルテノーズ家にいたような感じになってきたガス。

     もうひとりは、たしか二年前、この家へ奉公に上がってきた、女中のメアだろう。

     なぜ、このふたりが?

     それに……。

     なぜ、あのふたりは料理の盆が載せられた台車を押しているのだ?

    「なにをしに来たのです、ガス。それにメア。ここには火急の場合を除いては立ち入るなと命じていたはずです」

     エリカは弱々しい声でいった。これが自分に出せる精一杯の大声だったことに、エリカは悲しみを覚えた。

     ガスは、こちらもやせこけていたが、目をぎらぎらさせながら答えた。

    「その通りですよ、公爵閣下。今は火急の用件でして。今が火急でなかったら、いつが火急かというやつでして……おい、メア。ちょっと部屋を出て、おれと公爵閣下をふたりきりにしてくれ。わかっているとは思うが、なにもしやしない」

     メアは一礼すると、心配そうにエリカとガスを見てから、静かに部屋を出て行った。

     ガスとメアが、たがいに目配せをしていたことに気づかないエリカではなかった。

    「なにを企んでいるのです?」



    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    もくじ  3kaku_s_L.png X氏の日常
    【紅蓮の街 第三部 1-4】へ  【紅蓮の街 第三部 2-2】へ

    ~ Comment ~

    Re: blackoutさん

    わたしも大学生のころ、銀行で生活費を下ろすのを忘れ、一晩抜いてみるか、と軽い気持ちで抜いたことがあります。

    「黄金狂時代」のあの山小屋でのギャグシーンは、ドキュメントだということを思い知らされました。それ以来、三食ありがたく食っています。

    そういえば、自分も2~3年ぐらい前に、クソ寒い時期に、外に出るのがメンドクサクテ(オイオイw)、2日ぐらい食パンと水だけで過ごしたことがありますw

    結果は悲惨なことになりましたw

    体を動かすたびに、胃酸が込み上げて来ましたからね(汗)

    Re: 矢端想さん

    とにかくエリカちゃんには生きていてもらわないとみんな困るのです。

    しかし、バルテノーズ家ではエリカちゃんの命令は絶対です。

    困りましたねえ(^^)

    NoTitle

    エリカちゃんを食べ物に誘惑しようとはまた大胆な・・・。

    彼女の不安は目の前に出された食べ物・・・?

    Re: ぴゆうさん

    この場合の「企んでいる」は、そういうのとはちょっとニュアンスが違います。(^^)

    エリカちゃんの不安がどういうところにあるか考えていただければおわかりかと。(^^)

    わはは。

    NoTitle

    企んでいるって・・・
    ガスって信用ないよね。
    カワイソv-409
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【紅蓮の街 第三部 1-4】へ
    • 【紅蓮の街 第三部 2-2】へ