FC2ブログ

    「紅蓮の街(長編ファンタジー・完結)」
    第三部 殺戮の春

    紅蓮の街 第三部 2-2

     ←紅蓮の街 第三部 2-1 →紅蓮の街 第三部 2-3
    「なにね」

     ガスはにやりと笑った。

    「公爵閣下には、なんとしても断食をやめて栄養を摂ってもらわないと、おれたちみんなが悲惨なことになる、ということで意見が一致したのでね」

    「そのことですか」

     エリカは答えた。

    「話すまでもありません。アグリコルス博士が快癒するまで、わたしは食事を取らないことに決めたのです」

    「バルテノーズ家の家長として?」

    「そうです。バルテノーズ家の家長として」

    「アクバの野郎がいっていたとおりの返事だなあ」

     ガスはのんびりといった。

     その口調に、エリカは悪い予感がした。

    「ガス……」

    「アクバの野郎には、おれが公爵閣下を翻意させるよう説得する秘策がある、とだけ話したから、おれがなにをするつもりなのかは知らないだろうな。メアも同じだ。おれが公爵閣下を説得して、食事を取らせるようにすると信じている」

     エリカの悪い予感はますます大きくなっていった。

    「なにを考えているのです、ガス」

    「公爵閣下、閣下の『力』によって、おれは閣下を傷つけたり殺したりすることは考えることもできない」

     ガスは、どこかゆらゆらとした足取りで、エリカのそばまでやってきた。

     エリカは手でさえぎろうとしたが、緩慢な動きしかできなかった。

    「というわけで、おれには公爵閣下がこのまま黙って餓死していくのを見逃すことは、とうてい考えることもできない、ということになる」

    「ガス。これは家長としての命令です」

     ガスは世にも嫌らしい笑いを浮かべた。

    「そして、おれはこの終末港で、もっとも名の通った裏切り者だ……裏切り者を、それと承知で雇ったことを、後悔するんですな」

    「な、なにをするつもりです、ガス……! むむっ!」

     ガスにいきなり鼻をつままれて、エリカは困惑した。

     息をしないわけにはいかないので、当然のごとく口が開く。

     ガスは電光のような素早さで、隠し持っていたクリーム色のものをエリカの口の中に突っ込んだ。

     エリカは吐き出そうとした。

    「……………………!」

     吐き出せなかった。

     それは、さっとガスがエリカの口を封じたからでもあるが、それだけでもなかった。

     邸の食糧庫に一粒だけ残っていた、教会謹製のバター飴! この懐かしい甘さの前に、今のエリカが抵抗できるわけがなかった。



    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    【紅蓮の街 第三部 2-1】へ  【紅蓮の街 第三部 2-3】へ

    ~ Comment ~

    Re: ネミエルさん

    本小説は全年齢を対象としております(^^)

    そうかネミエルさんは小岩井のバター飴を食べたことがないんですね。

    とろけるような甘さですごくうまいぞ~(^^)

    まだ売っているのかなあ? ぐぐっても出てこない……。

    NoTitle

    エロエロなことが起こるかとおもったのにっ!

    いえすいません。
    なんでもないんです。

    バター飴・・・?
    油の塊・・・じゃないですよね?

    Re: ミズマ。さん

    なんだかんだいっても、彼女はまだ20歳の若い娘なんですよ(^^)。

    情熱的で理想主義的なんです。

    食うものがなくなったら、率先して自分が範となって食を絶たねばならない、と考えてしまったんでしょうなあ。

    まったく頑固な娘で……(^^)

    NoTitle

    ガスくんの「裏切り」が「コレ」のことならいいなぁ。
    もっと後で、ものすごい裏切りが待っていませんように!

    …にしてもエリカさん、博士が治るまで断食って、願掛けってことですかね。家長がすることじゃないよなー。それとも自分の分の食料を博士に回せ、ということなんでしょうかね。それにしたって家長のやることじゃないなぁ、と。
    家長は最後の責任者だから、最終的に身売りしてでも領民を守らないといけないと思うので。それに飢餓以上の脅威が迫っている(ですよね?)いま、それに対応できるように体力はつけておかないとなのになぁ。
    エリカさんは思い込んだら一直線なのですね。若さゆえでしょうか。エリカちゃんが恋をしたら…相手は大変だな^^;

    小岩井のバター飴www 抗えるわけなどないですね!

    Re: limeさん

    なぜかわたしが小説を書くと、頑固できつい性格の、猛女烈女タイプの女性ばかり出てくる(^^)

    ナミもエリカも今の世界にいたらシャネルのスーツ着て女社長をやってそうですな(^^) 商売があこぎか堅いかは別として(^^)

    高村薫先生の「リヴィエラを撃て」気に入っていただけてよかったです(^^)

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    NoTitle

    伏線を収束させるロマン。
    それもまた一興です^^

    しかしエリカちゃんも、強情な。
    それが若さ故の熱さなんでしょうが。
    ガスに余計な労力を使わせちゃ、だめですよ~。

    (女には、厳しい私でした・笑 男の子には甘いのに)

    Re: 矢端想さん

    調子に乗って、なんだのかんだの好き勝手書きまくったため、つじつまを合わせるのがたいへんで(^^;)

    「そこには、漫画家ではなくパズラーがひとりいるだけだった!」

    という、「燃えよペン」での炎尾燃先生の言葉をかみしめつつ原稿書いてます(笑)

    道行く人よ、予定調和というならばいえ、わたしは伏線が収束することにロマンを感じるのだ!(^^)

    Re: ぴゆうさん

    なんとしてでもエリカちゃんにものを食って元気になってもらわなければなりませんからね。(^^)

    そのとっかかりとしては、あれ以上のものはないでしょう(^^)

    ガスくんはそういうやつなのです(^^)

    NoTitle

    おお、ここでバター飴ですか!

    ラストに向けてのいろんな伏線回収編が楽しみですな。

    NoTitle

    ふむふむ。
    まさに甘露だったでしょうね。
    ガスも粋やないの。
    v-15

    覚え書き

    イメージ的には「小岩井のバター飴」(^^)

    あれおいしいよね(^^)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【紅蓮の街 第三部 2-1】へ
    • 【紅蓮の街 第三部 2-3】へ