FC2ブログ

    ささげもの

    祭歌さんお返しショートショート!

     ←紅蓮の街 第三部 2-4 →紅蓮の街 第三部 3-1
    昨日、範子ちゃんと文子ちゃんのラブリーな絵を描いてくださった「イースターエッグの夜」の祭歌さんへお返しのショートショートです。

    元にした小説は、「ご主人様の受難」。

    どうぞお楽しみください。


    × × × × ×



    かくて受難は……

     どたどたどた、と部屋に駆け込んできたのは、執事のアクラガスだった。

    「ご主人様! ううう、生まれました! お生まれになりました!」

     「ご主人様」は書いては破り、書いては破りしていた書きつけとペンを取り落とすと、安堵と興奮が入り混じった、なんとも間の抜けた顔つきになって立ち上がった。

    「おお! そ、それで、男か、女か? そして……妻は無事か?」

     アクラガスは息を整えながらしゃべろうとした。

    「はあ、はあ、ええ、はあ、その、はあ、はあ」

    「息を整えるかしゃべるかどちらかにせよ、アクラガス」

    「は、はい、すうはあ、すうはあ、はっ」

     アクラガスは姿勢を正した。

    「玉のような男の子であります。母子ともに健康そのものだと、医者も申しております」

    「よかった……」

     「ご主人様」は、張り詰めていた神経が一気にゆるんだ、とでもいうように椅子にもたれた。

    「泣いておられるのですか、ご主人様?」

    「泣いてなどおらんっ」

     照れ隠しか、真っ赤になって「ご主人様」は怒鳴った。

    「医者は、もう立ち入りを許してくれるのか?」

    「はい。奥様の胸で、びいびい泣いております。健康の証でございます」

    「よし。それでは、顔を見に行くとするか」

     そのとき、扉にドアノッカーの音がした。

    「誰でしょうか? こんなときに……」

     不審そうな顔をするアクラガスに、「ご主人様」はいった。

    「待て待て。話によれば、歴史に名を刻むような人物が生まれたときは、その家に異形のものが訪れ、予言をすると伝えられる。もしかしたらそれかもしれん。わしがじきじきに行ってみよう」

     アクラガスは半信半疑で主人の後についていった。

     入り口で、アクラガスは叫んだ。

    「当家執事のアクラガスである! この夜更けに、当家にいかなる用か?」

     外からは、しわがれた声がした。

    「ただの旅の婆あじゃよ。この屋敷の空を見たら、たった今、子供が生まれたという気が漂っておったからの。これはごあいさつをせねばならぬと思ったまでじゃ」

     アクラガスは主人の顔を見た。

    「本物でしょうか?」

    「偽物の、ただの物乞いの老婆でも、当家に祝いにいち早く駆けつけてくれたのは事実。入れてやろう。なにかあっても、銀貨を一枚くれてやれば退散するだろう」

     執事は扉を開けた。

     そこには、ぼろぼろの衣服に身を包んでいるものの、目にただならぬ光を宿した老婆が杖を支えに立っていた。

     ふたりは、その眼光にひるむのを覚えた。

    「ご主人様ですな。赤子を見せてはくれまいかの?」

    「かまわぬ」

     思わずうなずくふたりを尻目に、老婆はまるでこの屋敷で生まれたかのように、案内もなく迷路のような廊下を歩いて産室にたどりついた。

     アクラガスが扉を開ける。

     三人は、赤子を見た。真っ赤な小さな、それでも生きている塊が、泣き声を張り上げて、自分は生きている、ということを精一杯主張していた。主人とアクラガスは、どこか感動するものを覚えていた。

    「この子は……この子の相は……」

     老婆はまじまじと赤子の顔を見た。

    「どうだといわれるのですか?」

    「間違いない。百万人にひとりの異相をしておる」

    「百万人にひとり!」

     その場にいた人間たちは、皆、踊りだしたくなる気持ちだった。

    「大将軍になれるのですか? それとも大学者? いや、大商人に?」

     主人は熱を込めていった。

     老婆は首を振った。

    「そのどれでもない。いうとしたら」

    「したら?」

     老婆はひとこといった。

    「百万人にひとりの、良縁に恵まれ、女房の尻に敷かれ、家内安全、かかあ天下になる相が出ておる」

     主人は、喜ぶべきなのか、悲しむべきなのか、なんとも間抜けな表情で息子の顔を見た。

     キース誕生の瞬間だった。
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【紅蓮の街 第三部 2-4】へ  【紅蓮の街 第三部 3-1】へ

    ~ Comment ~

    Re: 歌さん

    そのつもりで書きましたので、もうばんばん歌さんのブログにUPしちゃってください(^^)

    というかもらっていただけたら満足の極みで(^^)

    ミミズだなんてご謙遜が過ぎますよ(^^) こちらこそこんなものですみません(^^;)

    NoTitle

    すごい! お婆さんすごいです!(爆笑)
    てっきり何滞りなくおめでたくなったかと思えば、彼の誕生だったとは……っ!
     
    ミミズでタイを釣った気分です! わわわわわ、本当に本当にありがとうございます……!
    もしよろしければ、うちのブログに飾らせていただいてもよろしいでしょうか? ずうずうしく……すみません;;
    もちろんお嫌でしたらこそこそにまにま楽しみますので!
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【紅蓮の街 第三部 2-4】へ
    • 【紅蓮の街 第三部 3-1】へ