FC2ブログ

    「紅蓮の街(長編ファンタジー・完結)」
    第三部 殺戮の春

    紅蓮の街 第三部 4-4

     ←水戸旅行日記・その3 →水戸旅行日記・その4
    「いまいましい坊主どもめ」

     ヴェルク三世は舌打ちをした。

     小者が、その手に別な盃を握らせなおしているらしく、足音が平伏しているバルの耳に聞こえた。

    「バル」

    「はっ」

     平伏したまま、バルは答えた。

    「すぐに布令を出せ。教会に対する食糧の配給を停止すると」

     それはあまりにも不敬の極みだ、とバルは思った。わが主人は、神の怒りを恐れてはいないのか。

     そのような果断なところが昔はヴェルク三世の長所だったが、これでは最悪の暴君となんら変わることがない。

     しかし。

    「御意」

     バルは、こう答えるより他になかった。

    「あの坊主どもは、これまで甘く扱いすぎてきた……」

     ヴェルク三世は憎らしげにそういった。

    「聞けば、大司教のガムロスとかいうやつはバルテノーズ家とゆかりがあるそうではないか」

     だから教会を交渉の窓口にしたのではないのか、とバルは思ったが、口に出すのは控えた。ここで余計な口を挟んで、首と胴が生き別れになった人間を、バルは何人も見てきた。そのひとりになる気はなかった。

    「飯を三日も食わなければ、やつらも反省して態度を改めるだろう。その間に件の偽予言者を捕らえ、わたしがじきじきに成敗してその肉を喰らってやる。そうすれば、よい見せしめとなり、わたしに刃向かう者への薬となるだろう」

    「……御意」

     バルは全身に冷や汗をかきながら、なんとか答えた。

    「ジェス」

    「はっ」

     ジェスの声が、緊張に震えているのをバルは感じ取った。

    「もっと、心が浮き立つようなことはないか。バルテノーズ家のやつらが、両手を挙げて降伏したとか」

    「それでありますが……」

     ジェスが答えようとしたときだった。

     ひとりの家士が、室内に駆け込んできた。

    「申し上げます!」

     ヴェルク三世はいたく機嫌を悪くしたようだった。

    「……なんだ。騒々しい。わたしの邪魔をするなとあれほど……」

    「申し訳ありません。火急のことでございます」

    「火急の?」

    「はっ」

     家士はひざまずき、頭を下げた。

    「市中で悪疫が発生いたしました!」



    関連記事
    スポンサーサイト



     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    【水戸旅行日記・その3】へ  【水戸旅行日記・その4】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    考え方を逆転させるんです。悪疫が発生したときのマイナス点を相手に押しつけるにはどうすればいいか?

    それを考えれば答えは自ずから(^_^)

    非情で冷酷な策ですがね……。

    NoTitle

    ついに悪疫が出ましたか。
    ガスさんの企てはどういう意図なのか?
    しかし、ここまで来ると一部の「沈黙の秋」がまだのどかだった……と思えてしまうからスゴイ。
    あの時点でも、十分非常事態だったのに。

    Re: ぴゆうさん

    桃太郎侍に斬られてしまうことは、ガスくんも同様で……(^^;)

    というか、この小説、桃太郎侍に斬られない人間なんて出てきたっけ(笑)

    NoTitle

    絵に描いたような残酷な奴。
    まったく。
    成敗してやる。
    カモーーーーン桃太郎侍
    違うか!
    悪疫が市中に出たとなると・・・
    生きるか死ぬかに益々追いつめられる。
    こわいよ~~
    v-12
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【水戸旅行日記・その3】へ
    • 【水戸旅行日記・その4】へ