FC2ブログ

    「紅蓮の街(長編ファンタジー・完結)」
    第三部 殺戮の春

    紅蓮の街 第三部 12-4

     ←紅蓮の街 第三部 12-3 →範子と文子の三十分的日常/四月・始業式
     ナミは指を空に突き出し、風を読んだ。

    「『セラーラの恵み』よ……明日は強い南風が吹くわね」

     船は終末港を取り囲む暗礁地帯に近づこうとしていた。勘と技術とで、夜間にもかかわらず狭い暗礁の入り口を越えようというのだから、その度胸のよさと自信はたいしたものだとしかいいようがなかった。

     ナミが鼻歌でも歌うように、節をつけてひとことつぶやくのが、ゲイロの耳にも入ってきた。

    「あたしの舌には毒がある……」

     ナミはふと口をつぐみ、わずかに口調を変えて、さっきの言葉を繰り返した。

    「あたしの舌には毒がある」

     ゲイロは漕ぐ手はそのままに、ナミのほうに目を向けた。

     闇に慣れた目に、ナミの困惑と焦燥と、そして理解と……ゲイロの初めて見る、恐怖の色が入り混じった顔が飛び込んできた。

    「そうだ……ちくしょう、あたしの舌には、毒があるんだ!」

     なににナミが思い至ったのか、ゲイロにはさっぱり理解できなかった。

    「漕ぎかたやめ」

     ナミはひとこと命じた。

     男たちは、いったいなにか、とでもいうように彼らの主君を見つめた。

    「方向反転。終末港の埠頭に、どこでもいいからできるかぎり早くつけなさい」

     どういうことだ?

     あの、エリカ・バルテノーズが、なにかやったのか?

     ゲイロは、小型艇の中で、寒さに耐えている間、ナミが寒さしのぎのために話してくれた、これまであったことを思い返した。

     そして……ゲイロもまた、理解した。

     理解した以上、ゲイロには、そのままこの港を離れることはできなかった。

     どうしてもできないのだ!

     ゲイロと視線を合わせたナミは、諦めと苦痛が入り混じった表情を見せた。

    「お前にもわかってしまったようね。エリカ、あんたの力は確かに魔女のそれよ」

     ナミは腰の短剣に手をかけると、叫んだ。

    「さあ、さっさと舵を切り、一生懸命になって漕ぐんだよ! 埠頭に船をつけたら、武器を手にして全員下船! それから、終末港に残留している男たちを総動員して、例の位置に集合! もちろん、男たちも武装させるんだよ! 刃物でも棍棒でも、なんでもいいから!」

     そう告げた後、方向を変えた船の中で、ナミは苦い笑いを浮かべながらつぶやいた。

    「あたしの舌には毒がある……か。あの勅使の爺さん、いわなくてもいいことまでいうんだから、たまったもんじゃないね」

     船は、街へと進んでいった。

     ナミは奥歯を鳴らした。

    「あの裏切り者……!」



    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【紅蓮の街 第三部 12-3】へ  【範子と文子の三十分的日常/四月・始業式】へ

    ~ Comment ~

    Re: limeさん

    limeさんとこうしてお話ができてほっとしました。

    そうですか、これは文庫版を読まないと、ですね~。というか、高村先生の本を本腰入れて読むと精神的にものすごく消耗するんですよね。

    高村薫でやせるタカムラダイエット?(わたしの胴回りはかなりヤバいことになりかけているので試してみてもいいかもしれない。三日三晩部屋にこもって「晴子情歌」「新リア王」「太陽を曳く馬」を読むとか(笑))

    ちなみに震災で図書館のネットワークがマヒし、図書館どうしの「相互貸借」がしばらく無理になってしまいました。「秘められた掟」を借りられたのはまさにぎりぎりのタイミングでありました。日ごろの行いがよかったのかなんなのか……(^^;)

    NoTitle

    よみましたよ~~!
    「神の火」初版本。1日かけて!

    あのね、あのね、・・・・全く別ものです!!
    ポールさんが初版本しか読んでないなら、いつかぜひ文庫版を読んでください。
    完成度は倍です。
    良の性格が違うくらいかと思ってたのに、思想がかなり違います。
    ラストの切なさは、文庫版のほうが、数倍上です。
    いやあああ、こんなに変わってたとは。
    これは、同じタイトルにしてはいけない気がします。
    生きざまが違うんですもん。
    なんか、「改訂の極意」を見た気がしました。
    でも、良の荒々しさはちょっと、初版本、好きかも・・・。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: ぴゆうさん

    はたしてお心にかなうかどうかガクブルだったりします。

    でも後はなんであれ発表していくしかない、という(^^)

    Re: 矢端想さん

    ふふふどうなんでしょうねえ。

    (と脂汗を流しながら話す(爆))

    NoTitle

    ニャンだろ?
    わくわくする。
    ナミの切ったはったは楽しいのよねぇ。
    v-389

    NoTitle

    ヒントは第二部の12でしょうか。
    それでもまだよくわかりませんけど。
    ・・・ということは、「裏切り者」っていうのはやっぱり?

    Re: limeさん

    ナミが気づいた裏切り者はおいておくとして、

    エリカの力で、ナミは「エリカを傷つけたり死なせることは考えることもできなく」なっているのです。

    もしナミが、高い蓋然性でエリカが死ぬ可能性に思い至ったら、ナミは、

    「なにをおいてもエリカの命を救いに行かなくては」

    なりません。

    迷惑というかなんというか(^^;)

    かかわりあいになってはいけないタイプの人っていますけど、エリカちゃんはその最大のパターンですな。

    そこらへんはもっとわかるように書くべきでした。反省。

    NoTitle

    んん?
    裏切り者とは誰の事?
    ナミはなにに気づいたんでしょう。
    わからない~。
    何か、見落としたかな?私。

    エリカちゃん、なにかやった??
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【紅蓮の街 第三部 12-3】へ
    • 【範子と文子の三十分的日常/四月・始業式】へ