FC2ブログ

    趣喜堂茶事奇譚(うんちく小説シリーズ)

    趣喜堂茶事奇譚/そして死の鐘が鳴る(その2)

     ←趣喜堂茶事奇譚/そして死の鐘が鳴る(その1) →趣喜堂茶事奇譚/戻り川心中(その1)
    「キャサリン・エアードはある意味損をしているところがあるかもしれん……」

     「GRナンバー5」に没頭していたサングラスの男が、ふと口を開いた。

    「最初に邦訳されたのがこの『そして死の鐘が鳴る』だったことにより、後の作品に、このトリックを超えるトリックを求めてしまったところがある……」

    「あのトリックは凄まじいインパクトがありましたからな」

     捻原さんが応じた。

    「むしろエアードはエドマンド・クリスピンを敬愛していることからわかるようにユーモアと文芸的なところを評価された作家だということを忘れてしまいがちになる……ミステリ界はある意味、仁木悦子を『弾丸は飛び出した』だけで評価するようなことをやってしまったのかもしれん」

     ぼくが奥のテーブルに目をやると、サングラスの男はオレンジジュースを一気にあおって、「GRナンバー5」を閉じた。

    「お勘定たのむ」

     サングラスの男は金を払うと、帽子を被って外へ出て行った。

    「捻原さん、あの人は?」

    「お客さんですよ。たまに来られるんです。メロンソーダ、おかわりをお作りいたしますか?」

    「いや、いい」

     ぼくは再び「そして死の鐘が鳴る」に視線を戻した。

     一時間後……。

    「ツイスト博士」

    「なんですか? メロンソーダのおかわりですか?」

    「いえ……」

     ぼくは首を振った。

    「キャサリン・エアードって……バカですね」

    「すごいトリックだったでしょう」

    「すごいですがバカです」

    「怒ったんですか?」

    「いえ」

     ぼくは力強くいった。

    「なんかこう、感動しました」

     六時を告げる近くの高校の鐘が鳴るのが聞こえてきた。雰囲気ぴったりだ。

    「それはよかった。ところで、もう陽も沈みましたし……」

     ぼくはそういわれて、腹が減っていることに気づいた。

    「お父さ……店長、ただいま」

     店の奥から声がした。舞ちゃんが帰ってきたらしい。

     ぼくは店に貼ってあるメニューを見た。

    「ホットサンドイッチ」

    「かしこまりました。舞、買出しから帰ったばかりですまないが……ああ、ちょっと今は無理か。しかたない。わたしが作ろう」

    「捻原さん……」

     ぼくはちょっと不安に思いながら聞いてみた。

    「料理、できるんですか?」

    「舞ほどではないですがね」

     たしかにその言葉は正しかった。

     ぼくは店を出たあと、駅前の立ち食い蕎麦屋で口直しをした。

     やはりあの鐘は、「死の鐘」だったのである。

    (この項終わり)
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【趣喜堂茶事奇譚/そして死の鐘が鳴る(その1)】へ  【趣喜堂茶事奇譚/戻り川心中(その1)】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle

    ツイスト博士、料理が苦手だったんですね。意外…
    舞ちゃんのホットサンドが食べたい!

    このサングラスの男のひと、かっこいい。
    また登場しないかな…

    Re: llamaさん

    ほんとえらいいわれようだな捻原さん(^^)

    まあそういう設定にしてしまったわたしもいかんのですが。

    「死に金」だったらこれまでいくら費やしてきたかわかったもんじゃないです(^^;)

    NoTitle

    こんばんは^^
    その昔、ある方に「金は生かして使え」と、教わりました。
    「死に金」を使ってはいけないと。

    午後6時まで、読書に没頭した分、ドリンクに金を出す。
    これは「生きた金」ですね。
    口直しに立ち食い蕎麦に入るほどのホットサンド・・・これは「死に金」ですわよ。

    ああ、でも、本当は時間を買っているのかなぁ。
    「死に金」&「死の鐘」・・・お粗末でした。

    Re: limeさん

    グリーンカーテンはゴーヤのほかにも、へちまとかキュウリとかでやることが多いみたいですね。

    ゴーヤはたっぷり取れますよ~。夏の食糧確保にもなりますな(^^)


    捻原さんえらいいわれようだな。いちおう店長なのに(笑)

    NoTitle

    そうか、グリーンカーテンは、ゴーヤとか、そんなのでやるのか。
    (グリーンカーテンという苗が売ってあるんだと思ってたなんて、ぜったい言えないi-201

    いいかげん、ツイスト博士に何かを作ってもらうのは辞めたらいいと思う。(ー"ー )

    Re: ぴゆうさん

    コメントを下さるのはもちろんかまいませんよ。

    こちらがコメントに窮してしまうかもしれませんが……(^^;)

    グリンピース、ミックスベジタブルに慣れた人間が、本物のグリンピースを食べるとけっこうカルチャーショックを覚えるものであります。わたしがそうでしたので。

    スープにしてもおいしいそうですが、わたしはまだそれは飲んだことがありません。

    今年も、いや、今年だからこそグリーンカーテンをやるのですが、ゴーヤーの苗がどこでも不足がちだそうですなあ。ゴーヤーはもう、いらんというほど採れるので、今日も明日もあさってもゴーヤチャンプルということになりがちなのですが、今年はどれだけの小学生がそのピーマンなみの苦味に泣くことになるか(笑)。

    NoTitle

    まったく絡めないけど、コメをする。
    日課のような、癖のような気がするな。

    今日は買って来た豆苗を何本か引っこ抜いて、土に植えてみた。
    グリンピースができるか?
    試したくなったのであーーる。

    きゅうりも植えた、トマトやナス、ピーマンもやる。
    今夏は大豊作を期待している。
    v-389

    これから日記のように来ようかな。
    小説と全く関係ないコメをしに・・・
    どうよ?
    v-391
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【趣喜堂茶事奇譚/そして死の鐘が鳴る(その1)】へ
    • 【趣喜堂茶事奇譚/戻り川心中(その1)】へ