FC2ブログ

    ささげもの

    黄輪さんお返し趣喜堂!(その1)

     ←黄輪さん範子文子小説! →黄輪さんお返し趣喜堂!(その2)
    趣喜堂茶事奇譚・特別編/山猫の夏(その1)

     五月というのにやたらと暑い。天気予報では八月並みの天気でしょうなどといっていた。こんな日は喫茶店で休むに限る。となると、行くところはひとつしかない。

     かくして、ぼくと井森がいつもの通り「趣喜堂」に入っていくと、そこではむっとするような暑さの中、ツイスト博士こと捻原さんと、その愛娘の舞ちゃんが、ちょっとした大きさの木箱を前に格闘していた。

    「なんなんですか、それ」

     クーラーが壊れていることには触れないでぼくが尋ねると、捻原さんは顔を上げた。

    「いらっしゃい。……ブラジルの知人が送ってくれたものだよ。冒険小説ファンが、一度は、と思うあれさ」

    「なんです、博士、あれって?」

     井森が間抜けな声で聞いたが、ぼくにはぴんとくるものがあった。

    「ピンガですか?」

    「その通り」

     捻原さんたちは蓋を持ち上げた。中には、いくつもの瓶が入れられている。

    「カシャーサともいう。七百ミリリットルが二ダース入りだ」

    「ピンガだか、カシャーサだかってなんなんだよ」

    「サトウキビを主原料とした、ブラジルの地酒の蒸留酒だ。冒険小説の名作中の名作、『山猫の夏』という小説に、印象的な小道具として出てくるんだ」

    「どうやって飲むんだ?」

    「作中で出てくるのは、カイピリンガという、一種のカクテルだな。氷を満たしたグラスに、このピンガをなみなみと注ぐ。そこにレモンを絞り入れ、お好みで砂糖を加える、というやつだよ」

    「うまいのか?」

    「少なくとも、やたらと暑いブラジルで、暑さよけに男たちが飲む酒だ、日本で暑さよけに飲んでも別段悪くはないんじゃないのかな。ところで、クーラーは壊れたんですか、博士?」

     捻原さんは残念そうにうなずいた。

    「昨日、ダクトから煙を吹いて……室外機ごと交換しないと駄目みたいです。修理じゃとてもとても」

    「なんてこった」

     井森が、情けない声を出した。それを見て、舞ちゃんが笑顔を見せた。

    「でも、冷凍庫には、山ほど氷を作ってありますよ、井森さん」

    「よし!」

     井森の顔がぱっと明るくなった。わかりやすいやつだ。

    「きょうはここはバーにしちゃいましょう! カイピリンガパーティーだ!」

    「落ち着けよ、井森。ピンガって酒は、四十度以上あるんだぜ。ウイスキー並みだ。がんがん飲んだら、暑さよけの前に倒れてしまうのが落ちさ。あれをひと息に飲めるのは、『山猫の夏』の登場人物くらいだよ」

    「さっきから、『山猫の夏』っていってるが……どんな小説なんだ?」

    「ぼくが知る限りにおいて、日本語で書かれた最も面白い小説のひとつだ。語り手の『おれ』って日本人の若者が働いている、エクルウというブラジルの田舎町の酒場に、ふらりと、『山猫』という名前の……」

     扉ががらんがらんと鳴った。井森が、ふとそちらを見た。

    「あんな感じか?」

     ぼくは、話の腰を折られたのにちょっといらっとしながら、戸口を見た。

     見たとたんに震え上がった。ここにいる人間、みんながそうだったろう。

     そこにいたのは、美人だが、いかにも不良でございます、というファッションをした、若い女だった。ただの女ではない。その女は、どう見ても、普通の人間ではなかった!

    「いいか井森、ぼくは『山猫』といったんだ。あそこにいるのは……虎じゃないか!」

     そうだった。虎と人間のハーフのような、地球上ではハリウッドの特殊メーク室にしかいるわけがない生物が、ぼくたちのほうに歩いてきたのだ!

    「い……いらっしゃいませ?」

     捻原さんが、店長の威厳にかけて、その虎女に声をかけた。

     虎女は、わけのわからない言葉をしゃべった。

    「日本語……通じないみたいよ、お父さん」

     舞ちゃんが声を震わせた。

    「外人さんかな?」

     そういった井森に対し、ぼくは訂正した。

    「どちらかといえば人外さんじゃないかと思う」

    (この項続く)
    関連記事
    スポンサーサイト



    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    【黄輪さん範子文子小説!】へ  【黄輪さんお返し趣喜堂!(その2)】へ

    ~ Comment ~

    Re: 黄輪さん

    のんべんだらりとした話ですから、なにが起こるということも……(^^;)

    だいいち日本語が通じない相手ですし(^^)

    Re: 伏せコメさん

    ダメもとでがんばってみます♪

    NoTitle

    「趣喜堂」でのお返し、ワクワクしながら読んでます(*゚∀゚)

    不良っぽい虎女、……大体察しが付きました。
    関西弁チックなあの子ですね。
    一体これから何が起こるのか、楽しみです。

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【黄輪さん範子文子小説!】へ
    • 【黄輪さんお返し趣喜堂!(その2)】へ