FC2ブログ

    趣喜堂茶事奇譚(うんちく小説シリーズ)

    趣喜堂茶事奇譚/黒死館殺人事件(その1)

     ←短期集中連載企画:選ばれなかったものの英雄譚9 →趣喜堂茶事奇譚/黒死館殺人事件(その2)
     その日はちょっと雨模様だった。あの震災以来、「節電」が世間の一般常識となっており、せっかく買い換えた「趣喜堂」のクーラーも、節電運転を余儀なくされている。

     こんな日は、たしかに「趣喜堂」に行ってもしかたがない。とはいえ、下宿にいてもしかたがないのも事実で、ぼくはやっぱり、本とゲームを求めて「趣喜堂」に足を運んでしまうのだった。

     入り口で傘を畳み、扉をがらんがらんと音を立てて開けた。

     中は意外とさっぱりしていた。まあ当然だ、これだけ本とゲームがある以上、「除湿」はしないとカビ地獄になってしまう。

     しかし、それにしても暑い。

     ぼくは傘立てに傘を入れ、いつもの席に歩いていった。

    「いらっしゃいませ。今日も豆を挽きにいらしたんですか?」

     舞ちゃんが、にっこりと微笑んでぼくにいった。

    「よさないか、舞。過ぎたことであまり人をいじめるのはよくないぞ」

     ツイスト博士こと、この店の店長である捻原さんが、舞ちゃんを叱った。無論本気ではない。笑いをかみ殺しているのがわかる。

    「『熱い太陽、深海魚』を読ませてくれるのだったらいくらでもミルを回しますけどね」

     ぼくはいった。

    「とうぶん、読ませてくれるつもりはないんでしょう?」

    「まあ、そのときが来たらですね」

     舞ちゃんは肩をすくめた。

    「今じゃない、と」

    「今ではありません」

     ぼくはあごに手を当てた。

    「アイスコーヒーください。マグカップに、冷たい牛乳と濃く出したアイスコーヒーを等分に注いで、砂糖は抜きで。できれば、氷は必要最小限に」

    「かしこまりました。ミルは?」

    「いいにくいんですけどね」

     ぼくは腕を組んだ。

    「ぼくがミルを回していると、ぼくは軽食や飲み物も注文できないし、本も読めなければゲームにもつきあえない。すると『趣喜堂』にもお金が入らない。そのうえ、バイト料といってはなんですが、おいしい賄い飯までごちそうになってしまう。すると、『趣喜堂』にとっては赤字でしょう。さほど働きもしないまま、当然のごとく居座っていたりしたら、それは客の仁義に反する。という結論に達しました」

    「どうぞお好きに」

     舞ちゃんはミルを引っ込めた。

    「でも、ミルを回したくなったら、いつでもいってくださいね」

     そんな日が来ることがあるのだろうか。

     まあいいや。

    「それじゃ、『熱い太陽、深海魚』のかわりに、この暑さを吹っ飛ばすようなアクションSFを……」

     ぼくがいいかけたとき、背後で扉ががらんがらんがらん、と鳴った。

    「いらっしゃいませ」

     舞ちゃんがおじぎをした。ぼくが振り返ると、そこに立っていたのは、漫画家の倉井さんだった。

     倉井さんは、幽鬼のような足取りで、席の隅に腰を下ろすと、

    「いつもの」

     といった。

     そうだ。倉井さんのいつものメニュー。それは。

    「アイスコーヒーはちょっと待っていてくださいね」

     舞ちゃんはそうぼくにいうと、冷蔵庫から牛乳を取り出して、静かにグラスに注ぎ、お盆に載せるとそばにストローとガムシロップを添えた。

     テーブルの上にアイスミルクが乗っても、倉井さんは微動だにしなかった。

     書庫の奥から、捻原さんが一冊の古い単行本を、押し頂くようにして持ってきた。

    「黒死館殺人事件」

     タイトルはそう読めた。

     倉井さんは静かにミルクのグラスにストローを入れると、ひと口含んだ。

     倉井さんは「黒死館殺人事件」のページをめくりはじめた。

    「お客さん」

     捻原さんは、ぼくにいった。

    「どんなアクションSFをお持ちしましょうか?」

    「アクションSFはいいや。創元推理文庫の、『小栗虫太郎集』を持ってきて」

     ぼくは、ちょっと無理をしていった。

     倉井さんには、人をそういう気分にさせるところがあるのだ。
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【短期集中連載企画:選ばれなかったものの英雄譚9】へ  【趣喜堂茶事奇譚/黒死館殺人事件(その2)】へ

    ~ Comment ~

    Re: ゆういちさん

    はじめまして。

    「機伝イリアス」、どこから手をつけていいかわからず、最新の更新をちょこちょこ眺めているだけですが、スペースファンタジーはいいですねえ。スペースオペラといういいかたのほうがわたしにはしっくりきますが。

    和訳ですが「イリアス」も「オデュッセイア」も読んだので、早くアキレス出てこねえかなあ、もしトロイの木馬にアキレスを潜ませたら文句のひとつもいってやろうか、などと思っていました(^^)

    殺人事件ものは、わたしはけっこう書いています。ショートショートですが(^^;)
    ショートショートはいいですよ。アイデアをそのままぶつけられますから。ネタ切れさえ恐れなければ書いていて実に楽しいですな。

    ちなみに殺人事件を描いた長編ミステリは……3件ほど迷宮に入っております(笑) 個々のトリックを考えて伏線を張るのが苦手なんです(^^;) 本格ミステリもハードボイルドも、精密機械を組み立てるようなものですから……。

    個人的にリーズナブルに飲めるコーヒーでは、わたしはサイゼリヤでドリンクバーを頼み、コーヒーマシンのエスプレッソを飲むのが気に入ってます。なんせ安いし。

    一度、名人の入れたコーヒーが飲んでみたいです……。

    はじめまして~


     SFは「スペースファンタジー」の略だとちょっと前まで思っていて、今でもちょっとそうだと思っていて、結果的にSF小説らしきものを描いている終始徒労(?)な私です。

     読ませていただきました~
     殺人事件モノ、私も書いてみたいと思った事は多々ありますよ!
     
     ひとつ構想を思いついて、はや1年……
     飲んだコーヒー数百杯……
     うち、モカマタリ4杯……
     しかし、事はいっこうに進行せずv-12
     

      

     

     

    Re: limeさん

    蒼井さんじゃなくて倉井さんです(^^)

    ポーカーやっていたときにメンバーとして出てきました。

    黒死館は……ものすごい小説です。青空文庫にあったはずですから、ちょっとためしに一、二ページほど読んでみたらいかがでしょうか(^^) そこで面白いと思うか、わけわからんと思うかが決まります(^^)

    NoTitle

    漫画家の蒼井さんって、初登場でしたっけ。
    アイスミルクですか。
    ここでは、客が何を注文するかも、注目されますよね。
    アイスミルク。

    ・・・牛乳ですね。

    ちなみに、私は23歳の頃、昼食は近所の喫茶店のミックスジュース、オンリーでした。
    腹もちがよいのです^^

    またもや、知らない小説ばかりですねえ~。どんな感じなのでしょう。

    Re: ねみさん

    グリーンカーテンがどれだけ効果を上げるかですなあ。

    どれだけやっても、去年みたいな酷暑だったら、M4シャーマンの主砲に対する八九式中戦車の装甲くらいにしか役に立ちませんからなあ。

    NoTitle

    節電風習ですねぇ。
    家にひさしでもつけましょうか。

    窓も全開で蚊帳でもひっぱりだしてこようかなぁ。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【短期集中連載企画:選ばれなかったものの英雄譚9】へ
    • 【趣喜堂茶事奇譚/黒死館殺人事件(その2)】へ