FC2ブログ

    趣喜堂茶事奇譚(うんちく小説シリーズ)

    趣喜堂茶事奇譚/うんこ殺人(その1)

     ←エドさん探偵物語:20 お願いだから →趣喜堂茶事奇譚/うんこ殺人(その2)
     梅雨冷えの日だった。

     ぼくは「とある決意」を抱いて趣喜堂の扉を開けた。

     がらんがらんがらん、と鈴が鳴って、扉は開いた。

    「いらっしゃいませ」

    「舞ちゃんはいる?」

     ツイスト博士こと、店主の捻原さんは、グラスを磨きながら、ぼくに向かってほほえんだ。

    「いませんよ」

    「よかった」

     捻原さんは、ふと顔に不安そうな表情を浮かべた。

    「なにか、あったんですか?」

    「別にないよ」

     ぼくは、読書用のテーブルについた。

    「舞ちゃんは、ほんとにいないんだね」

    「ええ。家庭教師に行ってますから」

    「家庭教師……バイトですか?」

    「こんな喫茶店にいるだけでは、人間の生活としてあまりいいものではないから、もっと世の中を見てきなさい、といいましてね」

    「舞ちゃんに教えられる学生は幸せですよね」

     ぼくは、このことは井森には伏せておこう、と思った。

    「ええ。顧客が東大受験を控え……」

    「え?」

    「なにか?」

    「東大?」

    「ええ。舞はいつもいってましたよ。この喫茶店で過ごす時間も無駄ではない、ソルボンヌもハーバードも、もっと齢を重ねた学生たちでいっぱいだ、って……」

     文系、三流大学哲学科在学中、成績の平均はB、のぼくは頭を抱えざるを得なかった。

    「その話はもうよしましょう」

     ツイスト博士の綽名のもととなった例の博士号、どこで取ったかなんて聞いたら地雷を踏みかねない。

    「じゃ、確認しておきますが、舞ちゃんはしばらく帰ってこないんですね?」

    「ええ」

     これは天がぼくに与えた千載一遇のチャンスだ。

     ぼくは気が変わらないうちにいってしまうことにした。

    「オレンジジュース。缶でいいです。業務用しかなかったら、冷蔵庫から出したものをタンブラーにそのまま注いでください。氷とか入れなくてけっこうですから」

    「本とゲームはどうしましょう?」

    「それなんですがね。『あれ』をお願いします」

    「『あれ』とは?」

     ぼくは声を潜めた。

    「中島らも先生が、『未読だがタイトルだけで一位』の作品だと断言した、山田風太郎先生の『あれ』です。これだけいえばわかるでしょう。ありますよね?」

    「ありますよ。文庫に落ちましたから、誰でも手に入れやすくなったはずですが」

    「よかった」

     ぼくは額の汗をぬぐった。井森にも、舞ちゃんにも、この小説が読みたいだなどとは口が裂けてもいえない短編。

    「どうぞ」

     捻原さんは、書庫から短編集を取り出した。

     ぼくは姿勢を正した。

     とうとう読めるのだ。

     山田風太郎「うんこ殺人」……。



    ※ ※ ※ ※ ※ 



     親愛なる読者諸君へ。

     実は、ブログの責任者でこのうんちく小説の筆者であるわたし、ポール・ブリッツもこの短編「うんこ殺人」は未読である。

     じゃあ書くなよ、といわれそうだが、事態はここでドキュメントと化すのである。

     今、わたしのPCの前には、「うんこ殺人」が収録された、「山田風太郎ミステリー傑作選8 怪談部屋」(光文社文庫)が置いてあるのだ。

     これから読む。

     この作品がいったいいかなるもので、どんな感想を抱くかは……。


     待て! 更新!

      待ってる人なんかいないよな……(^^;)
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【エドさん探偵物語:20 お願いだから】へ  【趣喜堂茶事奇譚/うんこ殺人(その2)】へ

    ~ Comment ~

    Re: 才条 蓮さん

    敗戦直後の昭和23年という、「もうなんでもいいからやってやれ」みたいな空気と、山田先生の反骨精神みたいなものが生んだ、奇跡的なタイトルではないかと(笑)

    これを超えるインパクトのあるタイトルは、そうは作れないだろうなあ……。

    内容もナンセンスで面白いんですけどね。タイトルには勝てん。

    NoTitle

    確かにタイトルがすごいですね。
    このタイトルをつける出版社と著者の勇気がすごいですけどね。

    Re: 黄輪さん

    タイトルのインパクトだけだったら横綱級でしょうな。

    そろそろ寝床へ行って読むことにしますか(^^)

    NoTitle

    中島らも、で僕のセンサーがぴこっと反応しました。

    とんでもないタイトルですね……。
    感想を楽しみにしてます。

    Re: ゆういちさん

    まだ読んでません(^^;)

    明日を待ってください、明日を(^^)

    こんばんはー

    堂々たるタイトルですねv-291
    そこまではっきり言われるとむしろ清々しい気分です。

    内容もなかなか気になります~
    被害者はやはり悲惨な目に!?

     
     
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【エドさん探偵物語:20 お願いだから】へ
    • 【趣喜堂茶事奇譚/うんこ殺人(その2)】へ