FC2ブログ

    その他いろいろ

    「ユニバーサルなんとかパレスの終焉」解題

     ←アルファポリス様ありがとうございます →エドさん探偵物語:22 エドさんと人類絶滅の危機
     ちょっといろいろあって煮詰まっていたので更新して息抜きをば(これだからネットとブログは麻薬なのだ。ちょっとの息抜きのつもりがついつい深入りしてしまう(笑))。



     今回、キリ番に書いたショートショート、突貫工事で作ったせいか、普通のかたには「よくわからないもの」になってしまったらしい。

     人間界の話ではなく、それよりもっと高次に位置するいわば「神界」で、害虫みたいに爆発的に増えるわれわれの「宇宙」(小説内では「宇虫」と書いたが)により主人公の「神様」の住むアパート(「神界」のアパートだから、われわれにとってはいわば「超宇宙」であろうか)がひどいことになってしまう、という話である。

     だから、この小説にはひとりの「人間」も出てこないのだ。マクロといやあものすごいマクロな話である。



     それでもわからん、という人のために、なにを考えてこのショートショートを書いたかを逐一ご説明しようと思う。
     
     

     まず、基本的に……わたしのショートショートのほとんどは、「即興」の産物である。深く考えて書いたもののほうが圧倒的に少ない。
     
     深く考えて書くと、「エドさん」とか「昔話シリーズ」とかのように、一作書くのに三日くらいかかって、しかも完成しない、というパターンに陥るからだ。
     
     というわけで、今回の飛翔掘削さんへのキリ番ショートショートも、「即興」である。



     では、その思考プロセスを見ていくことにする。



     与えられたお題は「害虫駆除」である。

     とはいえ、害虫に関する知識など、こちらにはない。

     身の回りにあるもので、いちばん害虫に近いのは、やはり「人間」であろう。

     ということで、「神様」が「人間」を駆除する、という話にすることにする。

     だが、それでは、あまりに当たり前すぎる。手垢のつきまくった話である。

     ひねる。「人間」をそのままやったのではつまらないから、もっとグローバルな、「宇宙」を駆除することにしたら、神様の相手にもふさわしいのではないだろうか。

     しかし、「宇宙」というものは、増えるものだっけ? 害虫といったら、ゴキブリとか蠅とかみたいに、「一匹見つけたら百匹はいるものと思え」みたいな存在ではないか。

     考える。

     ちょうどいい理論があったことを思い出す。エヴェレットの量子論における、多世界解釈である。これは、「シュレーディンガーの猫」思考実験に対するコペンハーゲン解釈に対抗するために編み出されたもので、コペンハーゲン解釈が、波動関数が観測されるまで、箱の中の猫は50パーセント死んでいて50パーセント生きている、というものに対し、エヴェレットの多世界解釈は、波動関数が観測されていても猫が生きている世界と死んでいる世界は重ねあわされていて、矛盾は起きない、というものである。読んでいてわけがわからん、という人がいるかもしれないが、大丈夫である。書いているわたしもわけがわからない。少なくとも、俗流の解釈では、波動関数が観測された時点で、世界がその真偽に応じてふたつに分裂する、というものだ。これはエヴェレットの考えとはだいぶ違う(らしい)が、面白いのでこっちの解釈に乗ることにする。これで、「宇宙」が、ネズミ算的にどんどん増えていく理屈ができた。「宇宙」というのもなんだな。虫だから、「宇虫」と呼ぶことにしよう。そんなお遊びも考える。

     ということは、こんなゴキブリかハエみたいなやつに襲われるんだから、襲われる神様もたいしたやつではあるまい。

     かくして、どこにでもいる平凡、かつちょっとずぼらな一般神(笑)として、神様を設定する。そういやあ、新潮のアンソロジーで、昔、GODを会社のイニシアルにしてバカなSFを書いたやつがいたな。だれだったっけ。ホーガンだったっけ。まあいいや。とにかくそれにのっとり、GODもイニシアルにすることにする。名前は適当でいいや。三文字だから、欧米人だな。思いつくままに決める。ジョージ・オスマン・ディキンスンでいいだろう。

     この日は早めにブログを切り上げたかったので、アイデアがここらへんまで出てきたところで書く準備を始める。

     後はオチだ。害虫駆除は、市の管轄だったはずだから、軍隊を出すまでもないだろう。でも、火で焼き殺す必要があるな。面白いから、神様が住んでいる建物ごと焼き払っちゃえ。すると、建物も、つぶれそうな三流アパートでいいだろう。そのほうが、それらしい。

     害虫を火で焼き殺すとなると、地獄の業火だけど、宇宙が燃えてなくなるなんて物理学理論、あったかなあ。

     名前だけは、ボルツマンの有名な「宇宙の熱的死」があるから、それをいただいてしまおう。もちろん、ボルツマンの理論は、宇宙がエントロピー的に飽和しきって、熱がほぼ均一になった状態を「死」と例えたわけだから、ぜんぜん違うけど。そういえば、こんな悲観的な説を唱えたせいか、ボルツマンさん最後には自殺しちゃうんだよな。天才、気の毒だなあ。

     これでオチてもいいのだが、最後に、ニーチェ的な要素でスパイスを加えよう。主人公の神様の生死を不明にするのだ。

     よし、これでまとまったぞ。

     まとめてからは一気呵成に書く。そのほうが、わたしの場合、ボロが出にくいし、一時間くらいしか書くための最大戦速が続かないのだ(^^;)

     かくして、ショートショート一本完成。

     まあだいたい、いつもこんな感じで書いている。

     「文学者肌」の人から見たら、非難の対象にしかならんだろうなあ……。



     ほかにわたしのブログで「なにがいいたかったのか、どこが面白いと思って作者が書いたのかわからん」というショートショートがあったら、コメント欄にでもその旨お書きくだされば……覚えていれば解題いたします。
    関連記事
    スポンサーサイト






    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【アルファポリス様ありがとうございます】へ  【エドさん探偵物語:22 エドさんと人類絶滅の危機】へ

    ~ Comment ~

    Re: 才条 蓮さん

    SF作家の某先生は、宇宙を舞台にしたSFの傑作をいくつも書かれておりますが、ネタのもとに学研の学習まんが「宇宙のひみつ」を使用しているとどこかに書かれておりました。

    知識はあるにこしたことはありませんから、「普通ぜったい読みそうもない本」を読んでみるのもいいかもしれませんであります。

    Re: 矢端想さん

    たしかに深く考えていません(^^;)

    ほとんど即興です。

    ジャズ? ビバップ?(うそ)

    NoTitle

    こういう知識があるのはうらやましいですよね。
    あまり理系の知識はないですからね。
    ショートこそ物書きの資質が問われますからね。
    それをたくさん書けるのはすばらしいですね。

    NoTitle

    「多世界解釈」+「神は死んだ?」+「宇宙の熱的死」・・・
    ほら、やっぱりあんまり深く考えてないじゃん、ポールさんww

    それらをひとつのショートショートにぶち込んでまとめる手腕はさすがに職人芸ですね。

    Re: ねみさん

    とにかく、連載中の長編だけは仕上げることをおすすめいたします。

    長編をひとつ書き上げたときと、長編が途中で挫折してしまったときでは、心理的な影響がまるで違いますから。

    岩にかじりついても仕上げ、一歩成長して受験に臨んでください。

    受験中に小説を書くのは褒められたことではないですが、それでも挫折感を覚えてヘナヘナな状態になるよりはよほどマシであります。

    わたしもとりあえずやれることの目鼻はついたので、明日からまた平常更新に戻りたいと思います。

    後は運を天に任せるのみ!

    NoTitle

    なるほどっ!
    そういうことでしたか。
    なぁるほど・・・。
    長編とか。
    逆に俺は短編を描けるアイディアが欲しいですw
    もう俺そろそろ切り上げたいですw

    Re: limeさん

    長編のために取っておく知識、というのはちと違います。

    「ちょっとその道をかじったものなら誰でも知っている知識」とか、

    「このアイデアでは長編は支えられないなと思ったアイデア」しか使っていません。

    長編が書けるアイデアがあったら、誰がこんなところで惜しげもなく使うもんですか(笑)。

    誰か長編が書けるアイデアをくれ~(爆)。

    NoTitle

    そんなこというと、この解説読みたさに、「わからん」とか来ますぞ・笑

    ショートショートとは、こんなふうに組み立てていくんですね。
    こりゃあ、知識の量がモノを言いますね。
    長編の為に取っておくべき知識を、惜しげも無く使うところが、いさぎいい^^
    「ああ、あのアイデア、使っちゃったしな・・・」なんてこと、ないですか?

    ・・・って、結局ブログ更新しちゃってますねw
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【アルファポリス様ありがとうございます】へ
    • 【エドさん探偵物語:22 エドさんと人類絶滅の危機】へ