FC2ブログ

    「エドさんとふしぎな毎日(童話)」
    探偵エドさん(童話掌編シリーズ・完結)

    エドさん探偵物語:22 エドさんと人類絶滅の危機

     ←「ユニバーサルなんとかパレスの終焉」解題 →範子と文子の三十分一本勝負:特別篇 レバニラさん新キャラ漫画!!
    エドさんと人類絶滅の危機



     その日、エドさんは、探偵事務所の掃除をしていました。はやらない事務所でしたが、おんぼろだったらよけいはやらなくなってしまいます。年代ものの掃除機と格闘していたとき、扉がノックされました。

    「はい。開いていますよ」

     エドさんがロッカーに掃除機をしまって振り向くと、そこにいたのは、ゼリー状の、それでいてところどころに機械が顔をのぞかせたような、でも全体としては生物っぽい、ひとことでいって「よくわからない」ものでした。

    「ええと、あなたは……」

     自分の椅子に腰かけたエドさんは、その「よくわからない」ものに、椅子を勧めました。このところの不思議な体験で、たいていの物事には動じなくなっているつもりでした。

     しかし、椅子にずるずると這い上がったその「もの」の発した言葉は、さすがのエドさんの覚悟をも超えていました。

    「はい。『人類絶滅の危機』と申します」

    「はあ。『人類ぜつめ……』、えっ! なんですって!」

     エドさんは椅子から飛び上がりました。

     「もの」は続けます。

    「ええ。ですから、わたし、『人類絶滅の危機』です。よろしくお願いします」

     普通、そんなことをいわれてよろしくできる人間はいません。エドさんは、机に隠れるようにしながら、こわごわとその「人類絶滅の危機」と自称する、なんだかよくわからない「もの」を見ました。

    「……そ、そそ、その、『人類絶滅の危機』さんみたいなかたが、どうしてうちみたいな探偵事務所に?」

    「それなんですがね……わたし、いったい、なんなんでしょう?」

    「は?」

     なんと答えたらいいのかわからぬエドさんに、その「もの」は誠実さを感じさせる声でいいました。

    「いえ、だから、わたしは、『人類を絶滅させる』ために来たみたいなんですが、どうやって人類を絶滅させたらいいのかわからないんです。それで、探偵事務所だったら相談に乗ってくれるかと思って……」

     エドさんは机の物陰で頭を抱えました。こんな相談、受けたくありません。しかし、ここで相談を受けないと、この「もの」は、なにをしでかすかわかったものではないのも事実です。

     エドさんは、なけなしの勇気を振り絞って、この「人類絶滅の危機」と向かい合うことにしました。

    「ええとですね」

     エドさんは、顔を覆いました。

    「人間は、この数千年の歴史のうちに、ものすごい破壊力を持つ兵器を、いくつもいくつも作り出しました。『人類絶滅の危機』さん、もしもあなたが、それらによる戦争で人類を絶滅させようとしているなら、お願いですから、どうかやめていただきたく……」

    「戦争ですか。ぴんと来ないな……」

     「人類絶滅の危機」は、首に当たるらしい部分をちょっとかしげました。

    「もっと、わたしにふさわしいものはないんですか?」

    「ふさわしいもの……」

     エドさんは、あることに気づいて、真っ青になりました。

    「人口増加と食糧問題がありました。人類は、この数千年の間に、増えに増え続け、いまや人口は数十億に達しています。その過程で、食糧を得るために自然破壊を繰り返し、地球はたいへんなことになってしまいました。もし、これによる飢餓や病気で人類を絶滅させる、というのなら、どうかそれもやめにしていただきたく……」

    「ううん、それも違うなあ」

     椅子の上のゼリー状のかたまりは、困惑しているようでした。

     その後も、エドさんは、思いつくかぎりの人類絶滅条件を挙げてみましたが、その「もの」は、どれにも納得しないようでした。

     一時間後、「もの」は、エドさんの前の椅子から滑り降りると、戸口へ向かい、エドさんを振り返って一礼しました。

    「どうも、どれもこれも違うみたいです。わたしは、生まれ故郷の神界へ帰ることにしたいと思います」

     エドさんは、胸を撫で下ろしました。

    「それじゃあ、人類は……」

    「ええ。お話をうかがっていると、人類は、わたしがいなくても、遅かれ早かれ絶滅するでしょうからね。それでは」

     「もの」が扉を開けて立ち去った後も、エドさんは、しばらくの間、青い顔で呆然と座り込むことしかできませんでした。

    関連記事
    スポンサーサイト






     関連もくじ一覧 ▼ 
    総もくじ 3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ 3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ 3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ 3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    総もくじ 3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 風渡涼一退魔行
    もくじ  3kaku_s_L.png 鋼鉄少女伝説
    総もくじ  3kaku_s_L.png ほら吹き大探偵の冒険(児童文学)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 夢逐人(オリジナル長編小説)
    総もくじ  3kaku_s_L.png 残念な男(二次創作シリーズ)
    総もくじ  3kaku_s_L.png ショートショート
    総もくじ  3kaku_s_L.png 紅探偵事務所事件ファイル
    総もくじ  3kaku_s_L.png 銀河農耕伝説(リレー小説)
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png リンク先紹介
    もくじ  3kaku_s_L.png いただきもの
    もくじ  3kaku_s_L.png ささげもの
    もくじ  3kaku_s_L.png その他いろいろ
    もくじ  3kaku_s_L.png SF狂歌
    総もくじ  3kaku_s_L.png 剣と魔法の国の伝説
    もくじ  3kaku_s_L.png 映画の感想
    もくじ  3kaku_s_L.png 家(
    もくじ  3kaku_s_L.png 懇願
    もくじ  3kaku_s_L.png TRPG奮戦記
    もくじ  3kaku_s_L.png 焼肉屋ジョニィ
    もくじ  3kaku_s_L.png ご意見など
    もくじ  3kaku_s_L.png おすすめ小説
    【「ユニバーサルなんとかパレスの終焉」解題】へ  【範子と文子の三十分一本勝負:特別篇 レバニラさん新キャラ漫画!!】へ

    ~ Comment ~

    Re: 椿さん

    この話は気に入っています。オチを考えたときは「やったぜ」と思いました。

    しかし、今になってつらつら考えてみると、人類が絶滅するとしたら、想定にも入れていなかったような、「つまらないこと」で絶滅するんじゃないかと思います。

    その点、「風邪」で人類を絶滅させてしまった小松左京先生や、「水ぼうそう」で火星人を絶滅させてしまったブラッドベリ先生はやはり偉大だなあ、と思うのであります。さらに元ネタは「病原菌」で地球に攻めてきた火星人を撤退させたウェルズ先生ですけど。

    NoTitle

    ひと安心、と思わせて、一番怖いオチ;;
    でも本当にそうだよなあ、と思ってしまいました。

    「人類絶滅」という言葉に「阻止せねば!」と思ってしまうのは、やはり種族保存の本能なのでしょうか。

    でも、この相談者さん、どんな危機だったら納得したんでしょう(笑)

    新しいテンプレート、さわやかでいいですね。
    素敵です!

    Re: マーサさん

    社会風刺としてはかなり気に入っている作品です。

    「人類絶滅の危機」さんの描写をもっと凝るべきだったかなあ。

    これはいろいろと考えさせられる作品ですね。
    誰もがこのままではいけないと思いつつも、
    結局は先延ばしにしている問題。
    どうせ自分達には何もできない、
    そんなのは偉い先生達の仕事だ。
    こんなだから、某総帥にアクシズ落としをされるんですよねえ…。

    人間て、得体のしれないものに対して恐怖を抱きますよね。
    マザー2のギーグは怖かったなあ。

    Re: fateさん

    滅亡テーマのSF読んでいたら一時間などあっという間です。地震、天候激変、氷河期襲来、天体衝突、疫病、農作物不稔、出生率低下、洪水、天敵の登場、新人類との生存競争敗北なんてのはまだかわいいほうで、海底に空いた穴から、その下の空洞に海の水が全部流れ込んでしまう(このSFは実在する)、突如、人間を含めてなんでもかんでも結晶になってしまう(このSFも実在する)、めちゃくちゃ強い風で人類社会が滅亡する(このSFも実在する。もっとも作者もファンも忘れたくなる作品だそうだが)、地球が「ペチャッ」と音を立てて潰れる(このSFも実在する。名作である)、などなど、枚挙にいとまがありません。

    人類は、わたしがいなくても、遅かれ早かれ絶滅するでしょうからね

    ↑ああ、そゆこと!
    と、妙に納得しました。

    っていうか、エドさん、人類滅亡のシナリオ、1時間も話すくらい持ってたんですね。

    fateにはよう思いつかんわ。

    Re: YUKAさん

    人類絶滅の危機さんにも呆れられるとは、人間の文明、罪ですよね(笑)

    とはいえ人類の文明大好きですがわたし(^^)

    こんばんは♪

    秀逸な話でした^^
    このオチが最高に好きです。
    人類絶滅の危機にも見放されたのか、呆れられたのか^^;

    冒頭にあった
    >そんなことをいわれてよろしくできる人間はいません
    で、くすりと笑っちゃいました。
    ですよね~~とエドさんに語りかけてみたりして^^

    Re: 有村司さん

    危機さんが不定形をしているのは、どんな姿にしても陳腐になってしまうと思ったからです。

    そんなときには絵画ではない小説は便利です。「よくわからない存在」と書けば、「よくわからない存在」がいることになるわけですから。

    キューブリック監督が「2001年宇宙の旅」の脚本を練っていたとき、原作のアーサー・C・クラーク大先生と話し合い、「ラストシーンは誰も見たことのない存在を出すことにしよう。なぜなら、それは、『神』の表現なんだから」ということで話がまとまったそうです。しかし、いざ撮ることになったとき、「待てよ、そういえば『誰も見たことのない存在』って、どうやって撮ればいいんだ?」という大問題が持ち上がり、誰もいい案を出すことができなかったため、あのようなエンディングになったそうであります。

    つくづく小説は便利であります(^^;)

    こんにちはー。

    今朝は本当に失礼いたしました(土下座)
    ポールブリッツさまが「ブレない方」で安心致しました。

    さて、タイトルからしてかなりスペクタクルなものを想像していましたが、蓋をあければ「いつものエドさんスタイル」でした。
    エドさんもブレがない人ですね。

    これ、人類絶滅の危機の相談相手が「ショッカーの大首領」かなんかで、人類絶滅の危機とタッグなんて組まれた日には、それこそ「人類絶滅の危機」です。

    ところで、この危機さんが掴みどころのない姿をしているのは「人類はいついかなる方法でも絶滅するぞ?」という暗喩なのでしょうか?

    Re: まりぃさん

    おひさしぶりです! よくいらっしゃいました!

    そうですかまりぃさんも高校生ですか。

    高校生活は中学生活よりもたいへんだけど、それだけ面白いものでもあります。

    いい毎日を過ごしてくださいね~!!

    うちのブログなら、いつでもいらしてください。お待ちしておりますよ~!!

    お久しぶりです(笑)

    お久しぶりです。
    まりぃです。

    ぷろとん先生の掲示板がまだ復活してないようなので、
    よいしょ掲示板から
    来させて頂きました(笑)


    ぷろとん先生の掲示板に
    初めて顔を出させて頂いてから
    もう3年も経ってしまいました(汗)


    私も高校生になれました。


    またいつか来ますね・ω・`。

    Re: ぴゆうさん

    作者としては、このかたは、話がわかるだけの柔軟性を持った人に「警告」に来たものととらえております。

    まだ見逃しておいてやるが、このままだったらほんとに絶滅だぞ、といいたいのではと。

    そうするとまた見方も変わって……こないか(^^;)

    ちなみにこの小説のタイトルとキャラクターの元ネタのひとつは、昔あったB級映画、「スティーブ・マックイーンの絶対の危機」だったりします(誰も知らないよそんな映画!)。

    NoTitle

    なんか悲しいよね。
    見捨てられたみたいな。
    いいのか悪いのかって、考えてしまうね。

    Re: 矢端想さん

    もう、こんな歳になってから、病院においてあった「車のいろは空のいろ」を手にとって読み、すごいショックを受けました。3年くらい前でしょうか。

    世の中にこんな面白くて上品でしかも庶民的で教育的で、とにかくすばらしい児童文学があったのか、という気分でした。

    あれを読むと誰でも真似して書きたくなると思います。

    全冊読みたいけれど図書館に注文するのが恥ずかしくて(^^;)

    NoTitle

    名作をありがとうございます。
    後々語り継がれる寓話とならんことを。

    それにしてもこのエドさんシリーズの語り口調は素晴らしく魅力的です。やはりイメージはあまんきみこさんですか。
    管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    卜ラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【「ユニバーサルなんとかパレスの終焉」解題】へ
    • 【範子と文子の三十分一本勝負:特別篇 レバニラさん新キャラ漫画!!】へ